FC2ブログ
Category : 台東区
サワッディクラップ

気がつけばもうすぐ今年もゆく年来る年。
はえぇぇぇーーー。。。
年末年始って慌ただしいから好きじゃない。つか嫌い。
気が滅入りますね

でもここにはそんな慌ただしさはミジンもない。
真っ暗だというのに看板の電気は消え、ドアをおそるおそる開ければ真っ暗。(画像は帰りに撮影)
せっかくだから「サワッディクラップ。やってますかー??」と声をかけてみる。
するとどうだろう2階から「はい。やってますよ。」のご返答が!
いやー笑った。最高だ。なんじゃこりゃ!



2009/12/3-6



ここがあの浅草橋久月ならぬ「サワディー」。
人形は顔が命ということもあり、洗面所にはたくさんの人形が陳列。そしてなぜか子供のネーム入りシャンプーも陳列。いやー、とことんおれをびっくりさせてくれるw
もうこの時点で料理の味などどうでもよくなっている無責任なおれがいた。

で、内部はこうさ。
友達んちのガレージのたまり場的センス。
下手すると「傷だらけの天使」になりかねんwww
おれ的にはかなり好きな空間。



2009/12/3-1



もう今日はこれで満足なんだけど、いちお食べたものご紹介。
たべものはなんでも1000円な感じw
ワンコインならぬワン漱石。犬か漱石(くだらねー)。。

プーパッドウンセン(カニ春雨炒め)。
甘めの味付け。出来はふつう。ほんとふつう。



2009/12/3-2



たしかラープムー。豚のラープ。
辛くしてねーー!って頼んだんですがまったく手加減されてしまた。
しょうがないから思いっきり辛く作り直してもらいました。
いい感じに辛くなり、サービスで頂いたカオニアオ(もち米)もすすむすすむ。
サラネー(ミント)とカオクワ(米粉砕)もありで今回頼んだなかでは一番美味かった。



2009/12/3-3



ガパオガイ。鶏のホーリーバジル炒めごはんのせ。
これが大失敗だった。
ほいっと出されたら何料理か分からないこと必至(汗
ガパオガイとは別次元に存在するべき一品だろう。。



2009/12/3-4



最後にこれまたサービスでデザートをくれました。
ブワックゲーンブワかな。いものココナッツミルク煮。
これは暖かくて甘くておいしかった



2009/12/3-5



ちなみにタイビールは予約で言っておかないとこの店には存在しない。
生ビールはあるけどね。
タイビール好きな方はこの点ご注意だ。

ウボンラチャタニー出身のママさんが1人できりもりするこのアメージングタイランドをも超越した空間。
これはもうミラクルと呼ぶに値する。
ミラクルサワディーにチャイヨー!!
なんだか再訪したいこの気持ちはなんなんだろう(恋!?w)
料理うんぬんよりも行ってみる価値は十二分あると締めくくりたい。



アロイ度(味)☆☆☆(ときに☆×1)
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆
ミラクル度(店内のタイの雰囲気はないが、、)☆☆☆☆☆∞
クンプーおすすめ度 ☆☆☆(ある意味☆×5)


タイ料理 サワディー
東京都台東区浅草橋2-2-6
電話番号:03-3863-6218






サワディー タイ料理 / 浅草橋駅蔵前駅馬喰町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

この日は美食クラブ所属のあんこさんの指揮のもと、御徒町のブルースカイタイランドへ行ってきますた。
御徒町といえばディープディーパーディーペスト系なお店の多い街である。
いわずもがな期待は高ぶる。

お店は店名のとおりブルーとホワイトでコーディネート。
ウエイトレスのタイ人のお姉さんも色白ときたもんだ
奥では、頭にタオルを巻いた現場仕事スタイルで調理をするコックの兄さん。
ここまできたらばっちしコックさん帽子をかぶってほしいと後ほど心で思ったと付け加えておこう。
トイレのペーパーホルダーも森の枝でナイスw(行ったら見てください



2009/11/-25-1



本日のおすすめが黒板にありましたから頼みましたです。
プラーサーモンラードプリック(サーモンの唐辛子ソースかけ)。
ラードプリックといえば結構甘酸っぱ辛系のとろーりタレが掛かっている料理。
しかし、ここのはひと味ちがう。どうさ!このオサレ度。
ムニエル風なサーモンにねぎやカリカリ千切りポテートのようなものがのる。
フレンチタイ!?いやタイフレンチ!?つかフレンチ要素はないか!?
辛さはほぼ感じナッシングの一品。
おれのラードプリック感をくつがえすラードプリックだった。
普通に美味しいでしたよ。



2009/11/-25-2



つぎです。
パッドガパオガイラードカーオガップカイダーオ(要するに鶏ガパオごはん)。
目玉焼きが昔懐かし喫茶店のハンバーグに乗ってるスタイル。赤いスパゲティを思い出すw
ガパオは素揚げして乗せてある。もちろん炒めてもある。
タイ人辛で頼んだけんどぜんぜんだったので、わがまま言ってプリックナムプラー作ってもらいました。
で、辛くしてなかなか美味いかった。



2009/11/-25-3



次。カノムパンナーグン(パンにエビすり身ペーストはさみ揚げ)。
表面には揚げたタックライ(レモングラス)がついております。(見た目はネギっぽいw)
もっちり&歯ごたえありのすり身クンはなかなかイケル。
油っぽさも思ったほどプーは感じなかた。まあでも揚げ物だから油かにゃ。



2009/11/-25-4



すべてのお料理が綺麗&オサレという印象。
タイで外国人向けのホテルレストランに来たような印象。
日本のタイ料理もかわりつつあるのかな。
彼のような今風のセンスを持ち合わせたタイ人コックさんが増えてくるのかもね。



アロイ度(味)☆☆☆☆(お洒落アロイトコロニヨリ☆×3)
サバーイ度(心の快適)☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆


ブルースカイタイランド
台東区上野3-7-4 水谷ビル1F
03-6803-2709



ブルースカイタイランド (タイ料理 / 末広町、仲御徒町、御徒町)
★★★☆☆ 3.0


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

さいきんプーは眠り病であるのです。
いつも眠い。ふいに眠い。昼間でも人と話していても買物していてもまったくおかまいなしに眠くなーる、眠くなーる。
もう成長しる歳でもないだろーし、、、いったいなぜ!?

本題はじめますです。

上野に行きました。
トンカーオってお店です。意味は稲穂。縁起のいい名前であるのです。
夕食時のトンカーオは女性客でいっぱいでありました。
1人できてる女性客もいましたです。
男子はプーとピーフワラーンの一組のみ。
間違いなく浮いているw

明るい店内と日本人に合わせたテイストが入りやすさの秘訣とみたです。

で、まずはヤムマクア。焼きなすのサラダ。
ピーナッツとひき肉も入っておいしいね。
辛さは極弱。



2009/10/24-1



つぎれす。ムーピンとガイサテ。
豚の串焼きとタイ風焼き鳥。
サテに必須のナムジムは聞いてみたけどないって言われちゃった(泣
味はついてるけど、これじゃほんとに焼き鳥だよ~、、、タイっぽくなあああい!
鶏肉は柔らかくて美味しいのに~。



2009/10/24-3



そして、めずらしい一品。
パッドミーコーラート。コーラートの焼そば。
コーラートってタイの地方の県の名前ね。
いわばご当地風やきそばんね。(ヤキソバンなつかしーーマイケル富岡ーーー)



2009/10/24-2



味付けはかなり薄め。
麺がどうも生麺らしくモチモチのプリンプリンで美味しいです。
調味料での味付けは必須。

最後はカオパッドグン(えびチャーハン)でシメです。
これは、うってかわって濃いめに味がついていたです。
干しえびが結構入っていました。



2009/10/24-4



タイ人の多い上野にありながら日本人女性客に人気のこのレストラン、タイ料理入門店としては辛さも味付けも日本人寄りなのでとっつきやすいと思いますです。

しかしながら、プーたちラブ現地派には物足りない味であることは御察しの通りであります。



アロイ度(味)☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆


トンカーオ
文京区湯島3-38-4 西澤ビル 1F
03-3836-2850








トンカーオ (タイ料理 / 湯島、上野広小路、上野御徒町)
★★★☆☆ 3.0


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

のりピー逮捕の話題で世間はもちきりですが、エコポイントやエコカー減税さらには高速1,000円等に使われている税金のしわ寄せがいつどんな形で降り掛かってくるかの方がマンモス気になる今日この頃。もう少し公平かつ大事に税金は使って欲しいものピー。

さて本題いきまーす。つい先日、あんこさん、Lkさん、ピーフアラーン、クンKZと、あんこさんご紹介のソンポーンへ行ってきますた。
住宅街の居酒屋を居抜きで引き継いだに違いない店舗。席はカウンター5席。無理して6席。さらにはスタンディングで7人収容。これ以上はオープンエアーに行くしかなかろうのちょー渋い作り。
これは、敷居が高い。中に常連さんが溜まってようものなら敷居の高さ2メートル20センチ(おいおい間口の高さより高いだろ。。)

大陸アジア人の大好きなネオンと我が国旗トントライロングによってなんとかタイ料理だとわかる程度だ。



2009/8/9-7



外の裏路地系の人口の低さとはうって変わって、店内は満員電車でゴー状態。
まずは、あんこさんが事前にオーダーしてくれていたもの3品からスタートである。
サイウア(北のソーセージ)。こやつは豚肉にタックライ(レモングラス)、バイマックルー(こぶみかんの葉っぱ)、クミンなどが入っているドイツを超えたソーセージ。
美味いに決まってる。付属のプリッキーヌー(小粒で辛い唐辛子)をかじりながらいただけばヨーロッパは完全制圧であろう。



2009/8/9-1




お次ぎはミェング・プラートゥー(アジに似た焼き魚の葉っぱ巻き巻き)。
今回は日本なのでほんとのアジ。タイのプラートゥーはアジではなくサバ科の品種らしい。
これ系はイサーン(タイの東北地方)では定番である。
ナイスな香草、葉っぱに素麺と焼き魚とナムジムサームロット(タレ)を加え天才的手巻き料理が完成する。ああ美味いです。



2009/8/9-2



下がナムジムサームロットね。



2009/8/9-3



ヤムタックライ(レモングラスのサラダ)。
見てのとおりの盛りのよさ。そしてお味もグー。



2009/8/9-4


品数多いので飛ばしていきまーす。
パッド・ミー・コラート(コラート焼そば)。
ここのママさん、ソムポーンさんの出身県でもあるコラート(ナコンラーチャシーマー)地方の焼そば。
味付けはタウジアウ(大豆みそ)なので、いわゆるパッタイの味とは全く違うのである。
これは、日本人にも違和感のない味だねと意見一致みたいな麺。



2009/8/9-5



最後は、ガパオ・ガイ(鶏のホーリーバジル炒め)。
出て来てびびった!このバイガパオの量は尋常ではない!!
ガパオ大好きのLkさんをもうならせた一品だ。



2009/8/9-6



ママのサービスでナムプリックガピとキュウリを頂いた。
マクワプワングも入った本気モードもの&本気の辛さであった。

常連さんたちも気さくな方ばかりで、なんとも素敵な空間であった。
ソムポーンお母さんはまさに浅草の横綱といっても過言ではない(あ、太ってるって意味じゃないです。)

編集後記:こんな素敵なお店をアレンジして頂いたあんこさんにこの場をかりてコープクンマーククラップです



アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆


タイ居酒屋ソンポーン

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

今日は炎天下のもとゴルフ、、はっきしいって終止死亡遊戯的動きのおれ。。
熱中症になる一歩手前。こんなときにやるとは、理解できないゴルファー魂

さて、前回の続きを少々。
トムセープ(東北もつスープ)である。
いいモツがあまりなかったんだろうか、大してモツが入っていない。
割合的にふつうの豚肉が多い。これにはがっかりだ。前回の記事で褒めちぎったあとだけにシィアジャイ(残念)である。
スープの味付けも少々アクセントやコクが欠けている気がしてならない。
バイマックルーやホラパーが多いのはさすがなのだが、それだけにこれまたシィアジャイである。



2009/7/14-4



汁物連続で、ゲーンキアウワーン(グリンカレー)。
味はいい。ただ辛さが劇的に足りないので、甘みだけが前面にでてしまう。
これに、辛みが加わればかなり美味しいゲーンになるはずだ。
日本人とみて、辛さを減らしすぎたのだろうか!?
いや、それはおれの知ってる「キンナリー」ではない!断じてない!!
どうしたんだ、キンナリー。。。カムバーーック



2009/7/14-5



キンナリー
東京都 台東区上野2-11-20 タンポポビル4F
03-3834-3646


アロイ度(味)☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

ひさびさに上野キンナリーへ。
ここは、エレベーターに乗るとなぜか「4Fタイスキ」としか書かれておらず、「え、、キンナリーは??」と思わず不安になっちゃう店。

「サワッディクラップ!」今日もカラ元気なおれ。
店内には日本人カップル、タイ人女性(ゆかた着用)とおっちゃん、そしてプーたちのかなり濃い目の構成人員配置である。

本日1品目。ソムタムタイ(青パパイヤサラダ)。
甘みが強いが辛みも効いててかなりいい味付けである。
ソムタム博士のピーフワラーンも納得。



2009/7/14-1



お次ぎは、パッドバイガパオムー(豚肉のホーリーバジル炒め)。
ごはんなしのおつまみバージョンで注文。
濃いめの味付けながら、美味いガパオである。
バイガパオ(ホーリーバジル)もばっちしでディー(good)。



2009/7/14-2



つぎね。パッタイ(タイやきそば)。
プーの好みで干しえびは混ぜないでサーブしてもらった。
この下にセンレック(やや細米麺)がいる。
まぜまぜして食べるのである。
もちろん、クルアングプルング(調味料)はぶっかけである。
砂糖とナムプラーと唐辛子は外せない。時に酢もかける。



2009/7/14-3



キンナリー、、期待を裏切らない店である
つづく。


キンナリー
東京都 台東区上野2-11-20 タンポポビル4F
03-3834-3646


アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆






キンナリー タイ料理 / 上野広小路駅上野御徒町駅湯島駅

夜総合点★★★★ 4.0


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

sawasdee khrap

わが町にも新型インフルやってきました。目黒区の舞踏家さんが第一号とのニュース。
感染力が強いので遅かれ早かれとは思ってましたが、ついにでございます。
マスクは軒並み売り切れごめん。。。そんなブルーな時はタイ料理へゴー(現実逃避)である。

首都高を125マイルでぶっ飛ばし(嘘です。すんません。)、久しぶりに上野、ジャンジャオへ。
ここの前回記事を読んでいらっしゃらない方はまずここをポチっとな

前回訪問時にはあまりの敷居の高さに階段を行ったり来たりしたものであった。
ところが今回はなななななんと!「18禁」「暴力団お断り」「ピーポーくぅん」全てのステッカー類が排除されていた。
少し寂しい気がしたプーであった。だってアメージングって素敵だと思うから。

気を取り直して、ス~(ドアを開ける音)。「サワディカーップ!」取り急ぎ挨拶をし礼儀を通す。
時間が時間なだけに、サラリーマンたちで賑わっていました。
今日はガパオガイ(鶏肉のホーリーバジル炒め)を発注。



2009/5/23-1



はい。見た目でイケてまつ。
鶏肉のぶつ切り、バイガパオ(はっぱ)、色とりどりのピーマン、そしてタイ米。ナイスプレーである。
最近おいしいパッガパオによく遭遇するね。いいよいいよ~、じゃあちょっとナムプラーかけてみようか~カシャカシャカシャッと、エロ紀信になってしまうほど嬉しい。

そして、店を出ると現実に引き戻されてしまうのであった、、、新型、、、、



アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆


ジャンジャオ
台東区上野2-2-4 上村ビル2F
03-6803-2703


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ トゥックタン

ジャンジャオのつづきであります。
前回の記事でいかに入りづらい店かということをご説明しました。
しかし、入ってびっくり。サバーイ、ジンジン(マジサバーイ)のレストラン。
そこの、メニューで珍しいのを発見セリ。
それは「ゲーン・パー」森のカレーである。
もともとはココナッツの採れない東北地方でも作れる野菜たくさんのカレーだという説。
愛想の良いウエイトレスさんとウエイターさんのお勧めで、これにはチキンを入れてもらうことにした。



2009/4/22-2



もちろん、カーオスワイ(ごはん)もとって一緒に食す。
ココナッツミルクが入ってないのであっさり、そして辛い。甘みはなし。
具材で必須と思われるのは、生の粒こしょうの山(茎ごとがっつり入ってます)、グラチャーイ(なんだか朝鮮人参系のハーブ)、バイガパオ(スイートバジル)、グリンピース大の豆、あとは野菜なんでもござれ。

美味しいカレーだ。
ぜひ、食べた事のない方には挑戦してほしい一品。
辛いのが好きなら、くせがなくて食べやすいと思うよ。
ココナッツ使ってる、グリーンやレッドよりも日本人には合うかもです。

そんなこんなでサバーイに過ごしていると、酔っぱらってるサラリーマンのおっちゃん2人ご来店。「おいシンハーあるか!まずいビールこいつに飲ましてやってくれ!!がはははっっ。あんたママか?」と一気にタニヤ日本人カラオケになってしまった。
こりゃ、マイサバーイ(気分わる)だ。さあ、かえろ。
ゲップターン・ドゥワイ・ナ・カップ(お会計してください)。

ちなみに2階入り口とはちがって外はこんな感じ。
ぜひ、2階入り口を突破してゲーン・パーをどうぞ。



2009/4/22-5



アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆


ジャンジャオ
台東区上野2-2-4 上村ビル2F
03-6803-2703


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワディクラップ

いままでもタイ料理屋さんて現地モードに近いほど結構入りづらいことは多々ありました。
しかしここは最強、、、2階の扉の前まで来て、も一度外に出て階を再度確認して戻ってきて、なおも数十秒間扉の前で目が点になっておりました。
だってだって、、、、写真見てくださいよ~。
レストランなのに、18禁、暴力団お断り、ピーポーくん、、、なんなのここーーーー!!!
しかし、おれの突入レポートこそがタイ料理の明日を開くのだ(意味不明)
ゴー!おれ、パイルーイ!!
ばーーーん!(扉を開ける音)
カーップ!!



2009/4/22-4



トンネルを抜けるとそこはタイ国だった(川端プー著タイ国より抜粋)
なんと、いい雰囲気。明るいし、綺麗だし、店員さんサバーイだし。
みんなおれに続いて入ってくれ。ここは安全だ。セィーフティー(て、だれにしゃべってんの、、)

でゎ、お料理に移りましょうか。
「パッド・ウンセン」春雨炒め。
具沢山でこのままでもいい味だけど、やっぱここはクルワングプルング(調味料)で味付けがいいね。
これまったく辛くないから、辛いの苦手な方にもおすすめよん。である。



2009/4/22-1



お次ぎ、「コームーヤーング」豚のとんとろ焼。
これも美味い。お肉もやわらか、ナムジム(タレ)もセーーープッ(美味い)!



2009/4/22-3



ジャンジャオいいね。
やっぱし上野はいい店が多い伝説は健在だ(どんな伝説だ!)
今日は一人ボケ突っ込みが多いな。
寂しいぞおれ。がんばれ。

次回へつづく。


アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆


ジャンジャオ
台東区上野2-2-4 上村ビル2F
03-6803-2703


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディークラップ

本日の「クラップの会」、集まった会員、ピー・ダム(黒いの兄さん)ノーン・ヌワッド(ひげだらけの弟)。
行き先、上野、「本格的タイ料理の店サワッディー」。
正しいカタカナ変換である。我が師、中島マリン先生がかつてそのようにご教授くださった。sawasdeeは「サワディー」ではなく「サワッディー」であると。
まめ知識はこれぐらいで、それでは本題に入ります。

久しぶりに来た。2~3年ぶりだろうか。変わってないのだ。ウエイターのタイ人さんも店の雰囲気も。まさにタイ人のための店のままだ。いいね!



2009/3/20-1



若かりし日のキング。いいループターイ(写真)である。
ここの本格度を知るおれは、注文時に辛さは普通でと弱腰。
まず来た1品目。トム・セープ(東北の辛いモツ煮スープ)。
一口目。むせた。。うわ、辛っ!!
ピーもノーンも既に汗だくだ。こりゃ「本格的」と看板しょってるだけはあると再認識。
しかし、あとをひく美味さがある。辛いだけでないのが、モノホンの美味いタイ料理。
いい味だ。しゃきしゃきモヤシがいいアクセントだし。
写真が取り分けた小皿でコートード(ごめん)。



2009/3/20-2



つぎは、ラープ・ムー(東北ぶた肉辛いサラダ)。
見た目で本格的だ。なにも言わずにクルアングナイ(モツ)が入ってるところもまさに本格的。
こやつも辛いが、いい味だしてる。
バイマックルー(こぶみかんの葉っぱ)の千切りが泣かせるほどおれ好み。



2009/3/20-4



3品目、クイティオ・ヌア(牛肉入り米麺)。
調味料を入れていざ。おお、屋台の味だぜ。
そして、辛いもの続きのおれたちの舌に甘い平安を与える。
牛肉も柔らかく、アローイ(美味い)!
豚の皮フライにルークチン(つみれ)もグー



2009/3/20-3



やはり、上野のタイ料理店は妥協を許さない店が多い。
タイ人のお客が来る店は、手を抜かないの法則は未だ有効のようだ。



本格的タイ料理の店 サワッディー
台東区上野2-4-4 信水ビル 2F
03-3834-9919


アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆





サワッディー タイ料理 / 上野広小路駅上野御徒町駅湯島駅

夜総合点★★★★ 4.0


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディ

こないだちらっとニュースで見たんだけど、現代人がアレルギー多い原因のは一つは綺麗すぎる環境がいけないらしいじゃん。
こないだ行ったカンボジアは、石けんで洗う習慣のない人がまだたくさんいるんだって。
それはそれで、チフスとかの原因になってしまうから行き過ぎかもしれないけど、人間ってある程度バイキンつけて免疫能力あげるのが本来なんだろーね。
まあ、今日の話しにはまったく関係ない話しでスタートしました。

今日は昨日の続き。上野キンナリーのタイスキ。
看板には自社名よりタイスキをメイン。ということは、スキーに自信ありとみた。
これ、スープ。いいダシでててこのまんまでも美味い。



2009/3/1-1



具はこいつら。
レバーもルークチン(魚のつみれ)もある。
このほかウンセン(春雨)もついてくる。
プーは緑色の麺が好きだが、日本ではなかなかないね。



2009/3/1-2



タレはこれ。
これにプリックグラティアム(生唐辛子と生ニンニク)を入れて、最高!



2009/3/1-4



やっぱり、看板にタイスキなだけはある。
アローイ(美味い)であった。
写真を撮っているのに待てなくて手が出ているこの画像をみればそのアロイ度がわかってもらえるだろうか



2009/3/1-3



キンナリー
東京都 台東区上野2-11-20 タンポポビル4F
03-3834-3646


アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディークラップ

今日の東京地域は水っぽーいヒマ(雪)がべったべった降っておりました。
どうせ寒くて降るなら、もうちょっと綺麗に降ってほしいものです。

本日はクラップの会新会員たちと上野「キンナリー」へ向かった。
実はプーも初めての店。タイ人仲間からキンナリーはおいしいと聞いていたので、行かずにはいられないだろう。
ネットで地図を見ながら夜の繁華街を進む。行く手には世界5カ国の呼び込みの男たち。
かなりしつこい。ぽっきりぽっきりとマジうざい。マクロスFでいうなれば「バジュラの群れ」に遭遇してしまった感触である。おれたちはタイ料理を食いに来てるといっても、帰りはどうするとか、、、おおきなお世話である。
まあ男4人で歩いていれば普通飲み屋に行くと思うわな。
ビルの4階にそれらしき看板発見!しかし「タイスキ」とかいてある。。う~ん違うか。と思ったけどその下に小さく「キンナリー」と書いてあるではないか!
しっかり書いてくれ!キンナリー。
しかし、怪しいビルだ。エレベーターに乗る。
古いエレベーターだ。しかもエレベータ内にはすでにキンナリーの文字はなく「4タイスキ」と書いてあるだけだ。。。あんぐりしてる間にチーン!4階到着である。
、、、、しぶい。敷居タケー。
意を決して突入。「サワッディークラーップ!」他に客なし。ウィウ(景色)は最高。不忍池が一望できる。
店の雰囲気は、中、上級者向きだ。一般人のデートには完全に向いていない。
メニューは多い。値段は夜の街仕様なので高め。

まずはソムタムタイ(青パパイヤのサラダ)。
甘みも多いが辛さも負けちゃいない。ファイヤーだな。
タレもいい味だしてる。ピーナッツも一度煎ってある。一手間かけている。



2009/2/28-1



トーパイ(おつぎ)はコームーヤーング(とんとろ焼き)。
柔らかくて美味い。タレもアロイ(うまい)だ。
いい感じだぞ、キンナリー!



2009/2/28-2



トーパイ、センヤイ・パッシィーイウ(太麺黒醤油炒め)。
プーはこやつにはナムターン(砂糖)たっぷりで食べるのが好きだ。
初めて参加した、ノーン・マーチ(完璧に原型を失った旧型マーチの大改造車に乗っている男)は、おれの砂糖の程に目が点だ。
これから、そのよさが分かっていくことだろう。
さて、肝心のお味はアローイ。
いうことはありません。



2009/2/28-3



このあと、看板のメイン文字であった「タイスキ」を食べるのだが、次回へ続くである。



キンナリー
東京都 台東区上野2-11-20 タンポポビル4F
03-3834-3646


アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク