Category : 新宿区
サワッディクラップ

とある日曜日のことであります。
実はこの日の標的は新宿のピッチーファー本店で「ゲーンパー」を食べることであった。
なぜなら、辛いものの達人ropefishさんから「ここのゲーンパーは最強」とお聞きしていたからである。

うだるような暑さの中気を失いかけつつなんとか到着。
そして店の前で我々は言葉を失った。。。



2010/7/28-1



。。。。。。おそらく3分は立ち尽くしていただろう。。
2号店だって。。遠いからやだし。。暑いし。。たぶんコックさん違うし。。

という訳で新宿「マラコー」へ向かう我々であった。
マラコーは確か2年ぶりくらいの訪問だと思う。
おお、あったあった。
変わってないね。



2010/7/28-2



地下へ降りる我々にスカイフィッシュの一群が襲いかかった!
お、携帯3社の電波バリ3表示が出来てる。
すごいじゃん。
禿もよくやってくれた。サンクス禿。



2010/7/28-3



相変わらずのミラーボールたちw
酔ってくればここはダンスホールと化すのだww



2010/7/28-4




もちろんタイカラは無料なのだ。
そのかわり一品一品は1200円~1500円くらいからになる。

まずは、「ヤムタレー」海鮮サラダでござる。
もちろん全て辛口でお願いしました。
セロリ、パクチー、たまねぎと、もちろん海鮮はばっちり入っています。
タレの味付けもなかなかグーですよ。
辛さもあるけど、どっちかっていうとタマネギが辛いw



2010/7/28-5



2品目は「ガイパッチャー」鶏肉のカントリースタイル炒め。
これはメニューにはなかったけど作ってくれました。
生胡椒、グラチャイ、バジル、こぶみかんの葉、レモングラスなどもたっぷり入っていて、香りも最高です。
味付けが結構濃い目なのでごはんが欲しくなるけど、ダイエッタープーはがまんがまんなのです。



2010/7/28-6



日曜だったのでお客さんはプーたちだけでちと寂しいでした。
やっぱりここは金か土に来てタイ人のみなさんと踊り明かしたいお店ですね。


マラコー情報: 今後、となりのお店も借りてマラコーはさらに成長するらしいですよ。


えっ?マラコーの意味?けしてエロい意味はありませんよwww




アロイ度(味)☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆


MARAKO (マラコー)
東京都新宿区歌舞伎町2-39- 12AK会館ビル B1F
03-3200-1759







MARAKO タイ料理 / 西武新宿駅新大久保駅新宿西口駅
★★★★ 4.0


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

パスポートの残存が少なくなってきたので申請をしに都庁へ行ってきました。
その帰りにどっかでタイ料理と思ったんだけど、時間は15時近い。
この時間でランチ営業やってるところと探した結果、新宿ルミネの地下に鎮座する「バンコク屋台カオサン」へ行きました。

おべんとも売っているオープンな雰囲気のお店。



2010/7/20-6



店内は屋台というよりはタイのフードコートにいると言ったほうがしっくりくるかも。
店員さんもみなさんタイ人でなかなか愛想がよくてD(=good)



2010/7/20-1



ランチセットが4種類、入り口にディスプレイされていたのでそれしかないのかと思いきや、結構よさげな単品メニューがありまするする。

プーが頼んだのは単品で「クェッティオルア」~バンコク名物水上屋台麺。
舟の麺である。
豚か牛の血入りのスープ麺であります。
こないだまで整理だった貧血気味プーにはぴったり



2010/7/20-2



こちらで感心したのは、麺が4種類から選べるんです。
細いほうから、センミー、センレック、センヤイ、そして中華麺的なバミー。
いいね

プーはセンレックにしました。
こちらのセンレックなかなか細めのセンレックでプー好み。
さらにいいね



2010/7/20-3



柔らか牛肉入りなので牛の血入りかな。
そしてもやしもたっぷりでこれは美味しいです。
プリックポン(唐辛子)とナムターン(砂糖)とナムプラーで味を自分流に調整。
そしてこの独特の香り。
まさに、タイのフードコートへトリップでございます!

本来これにはケープムー(豚耳揚げ)を入れて食べるとこれまた美味なんですが、追加トッピングだったので貧乏プーはがまんがまんw

隣の隣に座ったタイ人留学生ぽい青年もクィティオルアを頼んでいました。
彼はさらにケープムーもトッピング注文。
う~ん、やっぱしタイ人留学生は金持ちだなと思う午後のルミ姉。



デザートもあるよん。
メニューに「カノムパンアイスクームガティ」がある。
パンにはさんだココナツアイスなんですが、この手にはすこぶる弱い私。
勇んで頼んだ。。。が、今日はパンがないとのことで、これにしました。
「ポンラマイルワムワーンイェン」あま~い冷た~いフルーツカクテル。


2010/7/20-4



ん、カキ氷と思わせといて、めくっていけば缶詰のポンラマイ(果物)入り~。
缶詰フルーツですから言わずもがなチープなデザートですが、辛いものの後にはかなりさっぱりで合いますね。



2010/7/20-5



うん。このお店、さらっとタイ料理を食べるには最高のお店です

そして帰りにタイ人の店員さんとタイ語の話しを少し交わし、良い気分で新宿2丁目に消えていきましたw
(あ、嘘です。帰りましたよw て書くとさらに怪しいかww)



アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆(タイのフードコート度)
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆



バンコク屋台 カオサン
東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿1 B2F
03-5909-7450







バンコク屋台 カオサン タイ料理 / 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅
★★★★ 4.0


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

ムアンタイ=タイ国
日本に置き換えるなら、日本国という店名かな。
考えてみるとすごいネーミングですw

で、そんな大久保「ムアンタイ」へパイ(=go)してきました。
大久保駅南口から出て、渋い細い道にあります。



2010/7/17-1



店内は小綺麗な雰囲気です。
奥に深い。
これを日本語ではうなぎの寝床と呼ぶのだろうか。



2010/7/17-2



お店に入るとコック兼フロアーのタイ人さん1人。
ちょっとシャイめな彼は好印象。

とりあえず「サイクローク」
メニュー通り記せば「サイクロック、タイ風そうせいじ」。
うーん、ややアメージングタイランドww



2010/7/17-3



サイクロークは酸っぱ辛いソーセージ。
付け合わせのショウガ、唐辛子、ホームデーン(タイの小さいタマネギみたいの)と一緒に食べればビールが進みます。

そして、「クイティオトムヤム」トムヤムラーメン。
牛肉と干しえび、もやし、パクチー、あげニンニク、ネギ。
なによりも多く入っていたのはなんとネギ。
お店を出てからも自分がネギ臭くてしょうがなかったですw



2010/7/17-4



トムヤムスープはナムサイ。
澄まし系なスープです。
酸味と辛さはとてもいい感じ。(辛めでお願いしました)
味付けは自分で調整できる感じの作りなので、調味料でさらに自分流にします。
タックライ(レモングラス)とクラッシュドピーナッツが見当たらなかったのがちと残念でしたが、なかなかどうして美味しかったです。

近くにある大型店よりプー的には気に入りました




アロイ度(味)☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆



ムアンタイ
東京都新宿区百人町1-24-10
03-5937-5848








ムアンタイ (タイ料理 / 大久保、新大久保、西武新宿)
★★★★ 4.0


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

新宿、そこは欲望と金がうずまく眠らない街。
そんな街にはタイ料理屋も多い。
7階にまんがカフェもあるから終電逃してもマイペンライ。



2010/7/3-1



9階なのでもちろんエレベーターをつかって上がる。
しかし、開いてびっくり。。いきなりお店で「インディートーンラップ(いらっさい)」状態。
ここは予備知識にはマストだろう。

ほら招き姉さんが「うふーん」にお釈迦様が「ナムー」である。
スンマセン。両方神様です。
確か商売繁盛のお姉様はナンクワというお名前。



2010/7/3-4



そして、夜の新宿を眺めながら料理を待つプー。
新宿か。なにもかも懐かしい。。そのまま殉職しかけました。



2010/7/3-2



この日頼んだのは「ヤムガイヤン」(イサーン風焼き鳥サラダ)。
あまり見かけないメニュー。
というか初めてかも。

もちろん激辛でお願いしました。
ガイヤン(焼き鳥)は柔らかくておいしい。
そしてサラダの味付けもなかなか美味い。
これにはカオニアオ(もち米)は必須アイテム。
指で丸めてタレをひたしてサラダと食べる。



2010/7/3-3



辛かった、美味かった、腹いっぱいで夜の新宿へ消えていく大人なプーであったww




アロイ度(味)☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆



シャム (SiAM)
東京都新宿区新宿4-1-13 田園新宿ビル 9F
03-3225-3330








シャム (タイ料理 / 新宿、新宿三丁目、新宿西口)
★★★★ 4.0


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

ずっと気になってました。
でも、ふらっと行くといつも扉が閉まっていて。。。
そんな大久保「タイチャラーン」へ懲りずにアタックしてきました。

ここ↓↓は、香港の裏路地かーーーー!!ww



2010/6/14-3



てなところにあります。
看板には間違いなく「レストラン」と表記されております。



2010/6/14-2



そして幾度となく閉ざされていた扉が本日はオーーーープン!!!
やっと開いてくれた



2010/6/14-1



「サワッディクラーップ」と覗き込む。
中ではお姉さんがトーストを焼いている。
どう見ても自分食べる用ww
「やってます?」と聞く。
「おべんとならあるよ」
「何があるの?」
すると出て来る名前はなんだか全てお菓子じゃんw

「お菓子しかないの?」
するとメニューを奥からダンナさんらしき方が持って来てくれた。
中をみると、やっぱし全部タイの菓子ww

お菓子やさんになっていたらしい。
ま、いっか。せっかくだから今日の晩ご飯はタイのお菓子にしようとタットシィンジャイ(決心した)。

全部作成には30分ほど要するとのこと。
いいよー、鳴かぬなら鳴かせてみようほととぎすである。(使い方あってるんだろうか。。まあいっか)

「カノムトゥアべープ」
もち粉の生地にムング豆(緑豆)たっぷりインサイド。
そして、ココナッツファインがざっくりのる。
これに付属の白ごまとココナッツ粉と砂糖のパウダーを掛けて食べるのだ。



2010/6/14-5



これは、まずくはけっしてないのだが、美味しくもない。
まさに中立を貫くタイのカノム(お菓子)。
この飽食の時代にリピートはありえないw

晩ご飯なので、もう一品。
「カノムグルワイ」(確かそう言っていたと思う)
タイのバナナを使ったお菓子。
これはモッチリな食感で甘くてイケル。
ココナッツファインも相変わらずざっくりのっている。
暖かいうちに食べるのがより美味しく食べる秘訣だろう。
これは、リピートありですね



2010/6/14-4



お店のご夫婦(たぶんね)はすごく愛想のよい方で楽しくお買い物ができます。
いろんなタイのお菓子がありますからぶらり立ち寄るのもいいかもです。
ちなみにお菓子は1パック500円です。




タイチャラーンのカノム
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆


タイチャラーン
新宿区大久保1-1-9(多分合ってると思いますが、ラムヤイの隣ぐらいです。)

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

「キャバクラどうすかー!」
「いやいい」
「何系お探しすかー?」
「タイ」
「え?どこすかー?」
「タイランドだよ!」
「あー、タイすかー、わからないすねー」
と、区役所通り@新宿の交差点でのキャッチとプーとの会話である。

プーご一行が目指すはエメラルド寺院のあるタイランド。キャバではないのである。
前回行って美味しかった新宿「ジンラック」へ向かうのであった。

店内はまさにスナーック



2010/5/20-3



日本人がタイカラを歌い、タイ人が日本カラを歌う。
そう、まさに草の根的国際交流の場なのだw

「ラープームースック」豚肉のラープ(モツ入り)である。
いい味付けでアロイアロイ。



2010/5/20-6



「ガイヤーン」焼き鳥。
デフォではナムジムジェオ(砕いた米入りの辛いタレ)が来るが、ナムジムガイ(甘辛いタレ)ももらった。
これは正に普通なガイヤーン。



2010/5/20-2



「トムセープクルアングナイムー」豚モツスパイシースープ。
スープの辛さと味付けは最高に美味しい。
特筆すべきはモツの多さ。
ハンパない量である。
食いきれんの巻だった。



2010/5/20-4



「ソムタムタイ」青パパイヤサラダ。
これもシャキシャキしていてウマ辛だ。
タレもナイスな味。



2010/5/20-5



「スープノーマイ」タケノコのスパイシーサラダ。
これはなかなか辛いし美味い!
カオニアオ(もち米)が欲しくなること必至なおかず。



2010/5/20-1



スナック風価格なので一品一品はちと高めだけど、美味しいタイ料理なのだからしょうがないかなぁ。
かなり敷居は高いけど飛び込んじゃったらなんとかなるお店ですσ(´~`*)




アロイ度(味)(☆☆☆☆~)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆


ジンラック(Ying Ruk)
新宿区歌舞伎町2-23-10第一本間ビル2階
03-3204-2302

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラーップ

サバイディーマイクラーップ。
先日のタイフェス2日目は、前日のアド街放送効果でいつも以上に混雑していたっぽいですね。
プーは2日目は残念ながら行くことは出来ませんでしたが、1日目以上に混んでいたと思うと「行けなくてもまいっか」と思ったりw

さて、本日は大久保「タイカントリー」からです。
その名のとおりタイとアメリカンカントリーの融合した店内。
前にも触れましたがcarabao大先生と社長の写真が最高です。



2010/5/18-1



「ヤムマラ」ゴーヤの辛いサラダ。(けっしてエロい意味はない)
え、なんか量が少ないって。
はい、実はあるサイトの「全品半額クーポン」を持っていったから多分量も少なめなのかとw
でも味はいつも通りの美味さです。美味さは少なくなりませんよー。



2010/5/18-2



「ガイヤーンタイカントリー」タイカントリー特性焼き鳥(南部料理)。
タレは甘辛で食べやすい感じです。
プー的には普通のガイヤーンのが好みかな~。



2010/5/18-3



「サトーパットクン」サトー豆とエビの炒め(南部料理)。
サトー豆はややクセのある少し苦みばしったお豆たん。
これは美味しいよー。



2010/5/18-6



「ゲーンタイプラー」魚の塩辛入りカレー(南部料理)。
タイプラーという魚の塩辛を入れた辛い辛いカレー(スープ)。
マクワプロッ(タイの丸なす)も入った本格派。



2010/5/18-4



気を付けないとタイプラーの骨骨が歯茎にロックオンしてホネホネロックになってしまうからね。



2010/5/18-5



そしてシメはこれ!
「カオヤム」タイ南部の混ぜご飯。
バイマックルーの千切り、タックライ、ネギ、マプラウ(乾燥ココナッツ)、干しえび、きゅうり、もやしをご飯に混ぜるのだ。
もうこの時点でナイス&アローイな香りが漂う。
これに甘いタレを混ぜる。
これはうまあーい!!香り豊かな混ぜごはん。



2010/5/18-7



という訳でやっぱし南部料理なタイカントリーでありました。(ムリクリな結びでスンマセン)




アロイ度(味)(☆☆☆☆~)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆


タイカントリー
新宿区百人町2-2-1REMAX新大久保3階
3200-7997







タイカントリー タイ料理 / 新大久保駅大久保駅西武新宿駅

夜総合点★★★★ 4.0


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

明日でGWも終了のお知らせですね。
みなさんはどこかへ遊びに行かれましたでしょうか。
プーはバッチリ引きこもっておりましたよーw

さて、あまり行く機会のない街「高田馬場」。
夜の駅前は大学生の酔っぱらいの山w
いいねー、学生は自由でー、と横目で見ながら通過ー。

そして辿り着いたのは「タイ屋台カオタイ」。
日本語訳「タイの飯」。
入り口がにぎやかである。



2010/5/4-1



そして地下へゴーイングダウーン。
テーブル席と吉野家式カウンター。
提灯もブラブラりんこでこれまたにぎやかw
提灯にグリーンカレーとか書いてあるのがウケるww



2010/5/4-2



なんとこの店、生1杯がサービス!!
すんばらしいすんばらしいよカオタイさん。

で、頼んだのは「パッチャータレー」海鮮香草炒め。
もちろん激辛でお願いしました。



2010/5/4-3



どうですか、美味しそうです。
ジャスミンライスもいいですね。



2010/5/4-4



激辛で頼んだわりには辛さはそれほどではなかったですが、味はいいですねー。
美味いです。
グラチャイもバッチリ入ってます。
ごはんが進む定食系なお味はまさにプー好み。

という訳で、機会があればまた行ってみたいレスト、、いや屋台であります。




アロイ度(味)☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆


カオタイ
新宿区高田馬場2-14-6 アライビル B1F
03-3204-5806







カオタイ 高田馬場店 (タイ料理 / 高田馬場、西早稲田、学習院下)
★★★★ 4.0


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

クン プーです。
この日は1月7日ということもあり、本来なら七草粥でもというのが風流なのかもしれないが、プーはもちろんタイ料理でキメタすv
間違えて隣のデートクラブのビルに入りそうになるも、おっと危ないで軌道修正w
階段のところどころにこのような飾りものがw



2010/1/14-1



こんなものを飾られちゃいやがおうにもテンションはアゲアゲというもの!
で、店内はこんな感じ。
光ってしまっているがチュラロンコーン国王ラーマ5世と現プミポン国王ラーマ9世の2ショット肖像画が愛国心を沸き立てるv



2010/1/14-2



ではさっそく料理にいこう。
ラープムー。イサーン風豚ひき肉のスパイシーサラダと説明書きにある。
もちろん激辛目でお願いした。
もち米ももちろんサングドゥワイ(一緒に注文)だ。
材料的には申し分ない。



2010/1/14-3



お次は、クイティオナムトックヌア。牛肉の香味ラーメンと説明書きにある。
血が入ってるスープになる。
ここのはあまりその血が感じられないライトな仕様であった。
特筆すべきは牛肉。柔らかく、適度な脂身感のあるいい肉が使用されていた。
うーん、こりゃ焼き肉用に違いない。
ラーメンにこんな高級そうな肉は初めてでありました。



2010/1/14-4



しばらくボッケーとしていると、ウエイターの兄さんがこっちへきて「覚えてませんかー?」と話しかけられた。
あ、数百メートル先にあるルアムジャイの兄さんじゃないか。
「おー、わかった!で、なんでここにもいるの?」と会話は進むよどこまでも。
ここのコックさんは彼のお姉さんらしく、ルアムジャイとは同系列らしい。
ウボンラチャタニー出身のティック君としばらく歓談をした。
もう1人ウエイトレスのタイ人の姉さんもいるのだけど、彼女もむっちゃ愛想がいい。
彼女は英語が堪能で、白人のお客さんと盛り上がっていた。

なかなかいい雰囲気のお店であった。
しかしやっぱ日本の伝統的には七草粥を食うべきだったかな~と腹一杯のあとの祭り男祭りであった。(イミフ)



アロイ度(味)☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆


タイ居酒屋トンタイ
新宿区大久保1-1-2 泰正ビル2階
電話(03)5292-1386






タイ居酒屋 トンタイ (タイ料理 / 東新宿、西武新宿、新大久保)
★★★★ 4.0


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

ぎゃーーーさむい!さむいんだよー!!
そんなときには鍋ものがD(=good)です。
ということで、ルアムジャイで暖まるべく「トムセープ」(モツの東北なべ)。

なにせ、扉開けた瞬間からなぜかタイ語で話しかけられるおれw
そんなおれだからやっぱり辛さもタイ人並で作ってくれました。
ちょー辛い、けどうまい。これは暖まるねー。



2009/1/12-1



そして、東北料理のメジャーリーガーといえば「ラープガイ」(鶏肉の辛いサラダ)。
これも美味い!そしてカオニアオ(もち米)がよく合いまする~でございまする~~。
イサーン出身のコックさんだけあってイサーン料理はハズスことがないお店だ



2009/1/12-2



シメはやっぱし甘いもの。
アイスクリームガティサクーダム。ココナッツアイスにパールタピオカ添え。
にゃ~、おいしくてほっぺがおちちゃうね~(←キショクテスンマセン)



2009/1/12-3



この日は前回訪問時とはうってかわって混み合っていました。
タイ人の御家族づれもいてまさに気分はタイランドでございました。



アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆


タイ居酒屋ルアムジャイ
新宿区大久保2-6-10
03-3208-3799

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

なんだかクリスマスも近くて、年末年始を感じざる得ません。。ヤナ感じです。嫌いです。
年賀状めんどくさいす。。。

さて、気を取り直して前回アメージングメニューをご紹介したお店の料理いきますね。

店名は「ジンラック」ローマ字表記は「Ying Ruk」タイ語表記は「ยิ่งรัก」
このタイ語の「Yi」の発音がむずかしいのです。
古い辞書なんかのカタカナ表記には「ジ」となってたり、最近では「イ」となってたり。
で、どっちなのっていったらその中間かなって思ったりしてます。
いかんせん日本語にはない発音なのですよ。

店構えは上級向きの敷居の高いお店。
けど、入っちゃえばサバーイサバーイ保証ですw




2009/12/22-6



このお店、タイレストランでもありタイカラオケ飲み屋でもあります。
しかもこの時期はクリスマス装飾中。

一品目です。
ラープムーヌアスック。北の豚肉辛い和え物サラダ。
これは、パークヌア(北部)スタイルのラープ。
よく目にするイサーン(東北)スタイルラープとは違うのが一目瞭然ですよね。




2009/12/22-2



いろんなモツも入っていて細かくされた豚肉が辛くて美味しい。
これにはもちろんカオニアオ(もち米)が合うので注文しました。

二品目です。
トムヤムプラージャラメー。マナガツオのトムヤムスープ。



2009/12/22-3



やっぱしモーファイ(土器)が雰囲気いい。
スープはナムサイ(澄まし系)。しかし、あなどることなかれ辛い辛いでまた辛い。
もちろん辛めで頼みましたけどね。



2009/12/22-4



フクロダケはうれしい仕様です。
そしてプラージャラメー(マナガツオ)が柔らかくてアロイマーク(ちょうま)です。

三品目です。
センヤイラードナータレー。
太麺の汁なし海鮮あんかけ麺。
これ、プーの好物なのです。



2009/12/22-5



パックカナー(カイラン菜)にシーフード。いいですね。おもわずニターとしてしまいます。
これには4種の調味料必須。
プーは砂糖多め、お酢少々、粉唐辛子適宜、ナムプラーさらーりで頂きます。

ここのタイ料理ははずれなしでおいしいかったです。
コックさんはアユタヤーの方。
でも、北の料理もイケルみたいです。
お店のママさん?たちもみんな微笑みの国の住人120%でしたし、好感度高いなあー。
朝6時までやってるし、ナイス&サバーイw


アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆


ジンラック(Ying Ruk)
新宿区歌舞伎町2-23-10第一本間ビル2階
03-3204-2302



タイ料理レストラン ジンラック (タイ料理 / 西武新宿、東新宿、新宿西口)
★★★★★ 5.0


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

警視庁タイ料理1課のクラスメートに「最近タイ料理食べてないんですか?ブログ更新少ないし」と問われました。
答えはもちろん「いや、毎日食べてますよ」であった。
たしかにブログの更新は少ないかも。
でも、理由は簡単。毎日夜中までタイ料理屋でサバーイサバーイなので、帰ったら寝るだけだからなのですw

で、今日はフォトが多いので飛ばしていきますね。
大久保のルアムジャイってお店じゃい。
ここはタイ仲間のクン・ダーの天才マップを見て行ってみたいと思ったお店。
なんたってタイ居酒屋だし。



2009/11/20-7



中に入ると店員さんとコックさんで4-5人いる。
お客はうちらだけ。(結局2時間半くらい居たが他にお客さんはナッシング)
お店は1階と地下があってかなり広い。
パーティーできるぜパーティーアニマルの諸君!
そしてまだ新しいのか、綺麗に整頓されている。
こう置くと缶ジュースもインテリアになるものだ。



2009/11/20-6



で、料理。
ガイヤーング(鶏焼き)。タレがよくあるナムジムガイ(甘辛)ではなくジェオたれっぽくて美味い。
鶏もジューシーでかなりいい出来映え。



2009/11/20-1



タップワーン(レバーのサラダ)。
メニューにはなかったが、イサーンならまかせとけ!とコックさん。
レバーにちょっと火が通り過ぎてる感はあったもののこれまたアロイでござる。



2009/11/20-2



ヤムマラ(ニガウリのサラダ)。
これは今回一番辛かった。
辛さにすこぶる強い連れのかんべ。も辛いと思わず口に出すほど。
って、最初から辛くしてよー!とコックさんに頼んでおいたんだけどねv
マラは小ぶりの日本サイズ。(マラはタイ語だからね)
イカ、エビも入っていてシーフードも同時満喫だ。



2009/11/20-3



パッドガパオムー(豚のホーリーバジル炒め)。
味付けは濃いめだけど、なかなかどうしてまさにバンコクの屋台の味を再現てなイメージ。
味付けが濃いので、ご飯と目玉焼きも別途注文。



2009/11/20-5



てな具合で食べていると、コックさんから差し入れを頂いた。
グルワイトード(バナナあげ)とマンテートトード(さつま芋あげ)。
衣にゴマも入っていて、甘くてアロイ。
ナイスなデザート、つかお菓子。



2009/11/20-4



こういうニクいサービスが最高にいい。
まさにいまこの空間はルアムジャイ(心ひとつ)になったのだ。
しかし、このコックさんどっかで見たことあるよなーーー。。
そして、このサバーイさならせめて深夜2時まで営業してほすぃと自分勝手なことを考えるプーでした。



アロイ度(味)☆☆☆☆(ものにより☆×5)
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆


タイ居酒屋ルアムジャイ
新宿区大久保2-6-10
03-3208-3799



タイ居酒屋 ルアムジャイ (タイ料理 / 東新宿、新大久保、大久保)
★★★★★ 5.0


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

この日は新宿ー大久保探検をしつつ、大久保のタイカントリーまで歩いてみた。

しかし、相変わらずこのあたりは深いね。
コリアン料理が圧倒的に多い。
コリアンフリークにとっては正に聖地と呼べるだろう。

そして、タイカントリーのはなしをしよう。
ここは、何度かご紹介しているが現時点での大久保地区では一番美味しいのではなかろうかと思っているお店。
南部料理を得意とする店である。
しかしながら、定番料理も多数あるのでうれしい。

ヤム・マラ。にがうりの辛いあえものサラダ。
最近このマラが日本語なのかタイ語なのか時にぐちゃぐちゃになることがあるが、しつこいようだが決していやらしい意味合いはないと断言しようw



2009/11/6-1



イカ、たまねぎ、ミニトマト、パクチーなども添えられている。
デフォルトでもいい辛さ。
マラは苦みばしった大人の味

ヘルシーでカロリーも控えめだとおもうから女性には特にお勧めだね。


編集後記:カウンターの上からぶら下がる大きなプリック(唐辛子)(ニセモノ)を見て「わー首つりみたいー」と思う方は、ぜひプーとお友達になって欲しい(笑



タイカントリー
新宿区百人町2-2-1REMAX新大久保3階
3200-7997


アロイ度(味)☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

油断してたらもうすぐ11月になるんだよ。。
冬じゃん━━(゚Д゚;)━━!(油断してたのおれだけかw)
冬寒いから最近はあんまし好きじゃなくなった。
いつもあったかいタイに行きたい。。。

ということでアツいタイ仲間、クンYasuと久しぶりに大久保ルンルワンへ。
ここは看板にもあるようにハラールフード(イスラミック系料理)。
簡単にいうと、豚肉はノー。豚肉以外でも、イスラムの作法によって屠殺された肉でないと食べられない。動物性の脂やゼラチンもNGなので、ショートニングを使ったビスケット類、パン、パン粉、グミ、ハイチュウ、固形ヨーグルト、などなど全部NG。お酒もNGなのでアルコール添加ものはダメ。

ああ戒律は厳しかー。
でも異国でそれを守りきるのはむずかしそー。



2009/10/23-4



本日の一品目。
ガパオ・ルークチンプラー。魚のつみれのガパオ。
バイガパオ(スイートバジルの葉)が効いてて美味いね。



2009/10/23-1



おつぎは、グン・オップ・グルア。エビのバター蒸し焼き。
どんなもんかと思って頼んでみたが、以外や以外、ふつうのお料理。
タイっぽさのかけらもない正にエビのバター蒸しであった。



2009/10/23-2



つーことでトーパイ(次)。
カオモッガイ。カレー炊き込みライスに煮込んだカレー味チキン。
いわばカレー三昧なカレーチキンライス。
現地ではイスラム系タイ人が☆に月のマークをつけてよく屋台などで見かける料理だ。

ライスは普通の白だと注文したときに言われたのだが、やっぱしこれじゃあきまへんな~。



2009/10/23-3



鶏はもも肉一本釣り。
黒いスープは、ポンパロー(五香粉=中国の混合香辛料。一般的にはシナモン、クローブ、ウイキョウ、八角、花椒、陳皮などの中から5種類を一緒にすり潰して作られます。)仕様のもの。

なんだか、前回訪問時に比べて満足感が少ない訪問であった。。。

本土カオモッガイについては近い内にまた詳しくご紹介する予定ではあります。



アロイ度(味)☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆


ルンルアン
新宿区百人町2-10-8 イニシャルハウスANNEX 1F
03-3366-9644









ルン・ルアン (タイ料理 / 新大久保、大久保、西武新宿)
★★★★ 4.0


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

プーはいまタイ北部チェンライにおります。
愛してるよチェンライ ←意味不明スソマセソ

では、本題に。
満を持して南部料理の登場である。
一品目はこれ。
ゲーンガイサイファックキヤオ(冬瓜と鶏のカレー&そうめん)。
ヘルシー満載なカレー。
これも以前ここで食べたデフォルトの辛さがまるでない。
やっぱりデフォルトの辛さが日本人向けに改良(妥協)?されたと言い切れそうだ。
さあさあ、あたたかいうちにそうめんつけて食べないと冷えたら美味しさ半減だ。



2009/10/3-5



お次も南部さ。
ゲーンリヤンググンソッド(エビと野菜のスープ)。
スープは完璧にエビ出汁プンプンだ。
さっぱりくっきり系のスーピィー。



2009/10/3-6



そして、南部といえばこれだろう。
カオヤムさまのご登場だ。
タイ南部の混ぜご飯。



2009/10/3-2



バイマックルーの千切り、タックライ、ネギ、マプラウ(乾燥ココナッツ)、干しえび、きゅうり、もやしをご飯に混ぜるのだ。
もうこの時点でナイス&アローイな香りが漂う。
本来これに甘いタレを混ぜるのだが、まずはタレなしで食す。
ううううまああああい!!なんともいえない香りごはんだ。
前にどっかで食べたびっくりゴメンねカオヤムとは大違い。
で、基本に戻りタレをつける。
これはこれで美味いんだけど、タレなしのが美味かった。
さすが、タイカントリーは期待を裏切らない店だとつくづく感心のプーであった。



タイカントリー
新宿区百人町2-2-1REMAX新大久保3階
3200-7997


アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

この日は、タイ語学校の同窓会があった。
場所は大久保のタイカントリー。
東京では数少ない美味しいタイ南部料理が食べられるお店だ。
いつものタイ人の兄さんと元気よくあいさつ。まあおれはカラ元気なんだけどねw

タイの話しを肴に料理がすすむのであった。
で、料理いきましょう。

ヤムヌア(牛肉サラダ)。これべつに南部料理じゃないけど、とてもおいしゅうございます。
グラティアム(ガーリック)も効いてます。



2009/10/3-1



次です。
ヤムタックライ(レモングラスサラダ)。
はいはいこれも南部料理じゃございません。
いつになったら南部料理が出てくるのでしょうか(汗
でも、これも美味いねー。
乗っかってるのはイカ。よっちゃんイカ系ね。



2009/10/3-4



次はどうでしょう。
サトーパッドグン(サトー豆とエビの炒め物)。
はいそのとおり!これも南部料理ではございません。
でもこのサトー豆っていうのは美味しいねー。
バンコクでこれがおいしいところを同級生に聞いたので行ってみたいと思っています。



2009/10/3-3



ということで、急遽サトー豆を食べに2日の夜からタイへ行っております。
この記事がアップされてるころにはスワンナプーム空港で倒れていることでしょう。
おいしいネタもって帰国致します!食い過ぎで腹壊れなきゃいいねおれww

ということで,このつづきは5日午前零時に放送。

次号予告!「とうとう来たぞ南部料理の巻!!」(なに1人で興奮してんだおれ??)

しかし、全体にそんな辛くなくなったなぁ、、タイカントリー。



タイカントリー
新宿区百人町2-2-1REMAX新大久保3階
3200-7997


アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆



にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

今日愛車ルノたんが壊れてしまいました(泣
エンジンかからない、ていうかセルモーター回んない。
かなしかー、おいどんかなしかー。。サルマタケ生えるどー。

ということで、新宿の「クルンテープ」へ。
クルンテープとは邦題バンコック。都会である。そして新宿も都会である。
都会ゆえ、客層は若めだ。青年にギャルが満載である。
TUKTUKのイラストのついた看板が微妙にカワイイ

中に入ると天井には傘が舞い、



2009/9/8-6



壁にはタイの木彫りがこれ見よがしに展示されていた。
「この家はサーラー?」と問うと、
「これはサーラーナームですよ」とクンAKK(高床式住居研究家)
さすがの回答に頭が下がる。



2009/9/8-7



で、料理いきましょ。
ゲーンパー(森のカレー)。生胡椒がないのが悲しい。
なんか薄い感じのゲーンパーだった。



2009/9/8-5



カノムパンナームー(あげパンに豚肉のせ)。
ナムジムガイ(タレ)につけて甘口で頂く。
西洋風ならカナッペ(だっけ)?ちがうか。すんません。



2009/9/8-4



ホイナングロームバイガパオ(かきのバジル炒め)
これはいいね!
パリパリにフライされたバジルがまるで海苔のようだ。



2009/9/8-3



はーい、お魚プレートキター。
でも中身は豚肉キター。
ムーマナーオ(豚肉のマナーオソースサラダ)



2009/9/8-2



マタお魚プレートキター。
でも中身は鶏肉~。
ヤムタックライ(レモングラスのサラダ)。
フライドチキンもついています。
メッドマムワン(カシューナッツ)がステキラブ



2009/9/8-1



というわけで、結構食べましたね。
また太っちゃうな~(汗


アロイ度(味)☆☆☆(ものにより☆×4)
サバーイ度(心の快適)☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆


クルンテープ
新宿区新宿2-12-4 アコード新宿ビル2F
03-3358-9085






クルンテープ タイ料理 / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅
★★★☆☆ 3.0


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

すっかり涼しくなりました。
秋ですねー。
そんなときでも新宿三丁目辺りはまだまだ南国屋台っぽいです。

本日訪問は「バーンリムパー新宿三丁目店」。
二階はなんとマリオブラザースバー。だから無敵スターもあるのです



2009/9/4-1



ここに座っているとタイにいる感じになるのは私だけだろうか。
テーブルが斜めだがそんなことはマイペンライ。

まずは、「ムーパッドプリックタイオーン」。豚の生胡椒炒め。
メニューでは生胡椒がたっぷりでちょー美味そうだった。
しかし、でてきたこやつは、、、、むむむ。。生胡椒がゼロだ。まったくない。
ありえん。。味は普通だけど、ナムマンホーイ(オイスターソース)仕込みで中華だな、こりゃ。
ふくろ茸は嬉しい。



2009/9/4-3



気を取り直してトーパイだ。
「チューチーグン」えびのレッドカレー掛け。
辛くしてねんと頼んだんだけど、辛くない。おおざっぱなプリックチーファーが増えてただけだった。
お味はこれまた普通です。



2009/9/4-2



さらに気を取り直して「ラープガイ」鶏の東北辛い辛い。
これはオーダー通り、ばっちし辛かった。
カオニアオ(もち米)も進む。
カオクワ(砕いた米)はばっちしなのだが、もひとつ要のサラネー(ミントの葉)がゼロだ。
はにゃら~

しかし写真下手だなーおれ。。。



2009/9/4-4



この時期、外の席の雰囲気はまさにタイランド。
タイ料理初心者には食べやすいクセのないお店であります。
新宿からお伝えしましま



2009/9/4-5



アロイ度(味)☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆


バーンリムパー 新宿三丁目店
東京都新宿区新宿3-11-1 高須ビル1F
TEL: 03-3341-1226




バーンリムパー 新宿三丁目店タイ料理 / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディクラップ

前回訪問時にクルアンプルング(調味料)の発音でかなり手厳しい指導を頂いたラムヤイへ行ってきました。

まさか今回はと思ってましたが、、今回も出だしからキマシタ。
プー「注文いいですか。えーとね、タップワーンと、」
手厳しいおばちゃん店員「番号で言って」
プー、いきなし先制パンチかよ、、「イーシィップエット(21)と、、」
おばちゃん、顔強張る、、「日本語で、番号!」
プー、、うっわーこえ~~、、しかしこうもやられてばかりではいられない「じゃあね、21番のタップワーンね。」
おばちゃん、かなり恐い顔で睨む。。。
ていうか、注文取りで過去にそんなにいやなことがあったのか!?と思わせるほどのすごみだと意地だ。

今回は完璧バイリンガルスピーカー(タイ人日本人ハーフ)であるクンクルージャンとクンKZと行ったのですが、そんな手厳しくやられるプーをクンクルーは傍観であった。
かわいい子には旅をさせろ的!?みたいなもんなのか(笑



2009/8/13-2



で、タップワーン(レバーのサラダ)。
カオクワ(粉砕米)、ねぎ、パックチー、赤玉ねぎ(ホームデーンではなかた)、付け合わせに、ホーラパー、キャベツ、きゅうり。
辛さは控えめ。レバーは柔らかい状態キープ。
美味しいね。でも辛さが足らんのがザムネン

おつぎは、ヤムウンセンサイムーヨー(春雨サラダムーヨーソーセージ入り)。
これも辛さが足りんけど、味はよいかった。
ムーヨーは、クセのないソーセージ。美味しいソーセージだけどドイツを超えられたかどうかは微妙(笑



2009/8/13-1



トーパイ、ゲーンパー(森のカレー)。
森といえば愛地球博のモリゾーを連想してしまうのはプーだけだろうか。



2009/8/13-3



これもあんまし辛くなか~なか~。なぜたい星クーン。
材料的にはプリックタイオーン(生胡椒)以外は適宜入っております。
味も悪くなか。なか~。

しかし、手厳しいをとおりこして、意地でも日本人にタイ語を話させない環境作りは、我々タイを愛するタイ料理好きにはいかがなものかと思うところでございます。
雰囲気も料理の味のうちではないのかな。かな。
微笑みの国の女性にはぜひとも笑っていて欲しい。注文してんのに恐い顔でにらむのだけはご勘弁をお代官様~でありますかな。かな。


ラムヤイ
東京都新宿区大久保1-1-9
新宿フラワーハイムビルB1
TEL: 03-3205-3219


アロイ度(味)☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆
イム度(店員の微笑み)☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆







タイ料理 ラムヤイ (タイ料理 / 東新宿、新大久保、西武新宿)
★★★★ 4.0


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

ワッディ

昨日のつづき「ルンルアンその2」であります。
さて、すっかりガスター10で回復した青年部長はいいペースで食いまくる。
残りの面々も取り憑かれたように出てくる料理を食いまくる。
ここは、はずれないんじゃなねぇ状態に陥った。
そんな中でも撮影が終わるまでは、おあずけわんわんでごめんねみんなみたいな。

さてプロローグはこれくらいにして本題に入ろう。
まずは、「カオマンガイ」蒸し鶏のせとりがらスープで炊いたごはん。
5月のプー・カオマンガイラリーでおなじみのこの料理。
ここのもなかなかアロイマーク(美味しい)。
スープもいい感じですね。



2009/6/9-7



そして、「ソムタムタイ」青パパイヤサラダ。
デフォで頼んだらそんなに辛くなかった。これは辛い方がより美味しく頂けるはずである。



2009/6/9-9



トーパイ、「パッド・タイ」タイ風米麺焼そば。
これにもデカエビが。ここはエビの盛りがいい。気前がいいね。
プーはこれには、砂糖を沢山、ナムプラーにプリック、酢を少々かけて頂くのが好きである。



2009/6/9-10



そして、店内に気になるものが。
そうこれはまさかの「サラパオ(タイ風中華まんじゅう)」蒸し器である!
聞けば、サラパオの販売もしてるらしい。
おお、珍しいね。ぜひ今度食べたいものだと胸に秘めつつ、大久保を後にした。



2009/6/9-3




アロイ度(味)☆☆☆☆☆(ものによっては☆×4かな)
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆


ルンルアン
新宿区百人町2-10-8 イニシャルハウスANNEX 1F
03-3366-9644

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワディクラップ トゥックタン

先日大久保で道に迷ったときに気になるタイ料理屋さんを発見しました。
これは早々に行かねばなるまいと、早速突入。

この、外観を見ただけでただものではないことが十分伺えるだろう。
敷居高い属性に属していることは間違いない(笑



2009/6/9-1



そして、内部。タイ食料品も売っていて、時おり外国の方々が買いにくるのだ。



2009/6/9-2



さてと、なにからご紹介しましょうかね。
これいきます。
世界三大スープ「トムヤムクン」。
デカえびちゃんにフクロダケ、味付けもナイスでアロイマーク(ほんと美味い)。
デフォでも辛さもなかなか効いている。



2009/6/9-4



トーパイ(お次ぎ)。「バッド・パックカナー・ガイ」カイラン菜と鶏の炒め物。
これは、ちょー定番野菜炒めであろう。
歯ごたえがあってD(ナイス)。鶏肉もおいしい。
味付けは辛くないので、お皿の脇に添えてあるプリック(唐辛子)でお好み調節。
いいね!



2009/6/9-5



トーパイ。「パッド・キーマオ・ルークチン」つみれの酔っぱらい炒め。
ルークチンは笹かま風味たっぷりなものを使用。
なぜかエビちゃんのお頭入り。そして生のバイ・ガパオ(ホリーバジル)がたっぷりふりかけってる。
これもDマーク!



2009/6/9-6



途中、昼も辛いものを食べ過ぎた我が会の青年部長を勤めるノーング・ユーが胃の痛みに襲われた。しかし、そこは青年部長である。近くのマツキヨに胃を押さえながら行き、ガスター10で回復。その後も見事に食べ続けた。
そこまでしてもタイ料理をとは!、、、見上げた根性を持ち合わせた青年女子であるとプー嬉し泣きよよよよよ。その根性をもってすればこの不況の時代でも就活は成功するはずだと確信のプーであった。(その数日後、内定確定との知らせを聞いた。根性根性ど根性はやっぱしモノホンだおめでとうクラップ

つづきは明日であります。


アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆


ルンルアン
新宿区百人町2-10-8 イニシャルハウスANNEX 1F
03-3366-9644

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

ワッディ

[人間どこで限界を迎えるのかはその瞬間までわからないものである]タイ料理プレイヤー クンプー談。

ピー・フアラーンと南タイ料理を得意とする大久保の「タイカントリー」を訪問した。
プーは今回2回目の訪問。ちょー久々だ。
「サワディカーップ。久しぶりですね」前回来た時と同じタイ人のウエイターさんから話しかけられた。嬉しいじゃないか、たった1回の来店客、しかも数ヶ月も前のおれのことを覚えていてくれるとは。と、ピー・フアラーンに話すと、「それってクンプーがキャラ濃いってことじゃね」とのご返答。。。そうなのかおれ。

本題に入ろう。まずは、カーオパッド・グン(えびチャーハン)であります。
米はタイ米。そしてパラリ具合もナーイス。
美味しい。その辺の中華屋には絶対負けない美味さだ。
ナムプラーをぶっかければ、さらにアロイ(美味い)ことは言うまでもなかろう。



2009/5/10-1



ここで、前回むっちゃ辛かったクワクリング・ムーをプリックマーク2本(デフォでは5本)に減らして注文。
うん、2本で正解。で、画像は前回の記事参照してにょ。

で、今日はこれがわれわれにとっての新メニュー。
ゲーン・クワ・ガイ・ノーマイ・ドーン(たけのこと鶏肉の南部カレー)である。



2009/5/10-2



ガティ(ココナッツ)バリバリのカレー。
見た目は辛くなさそう。しかし、南部料理はまたもやおれたちに猛威をふるったのだ!
カーオ(ごはん)をもらって一緒に食す。一口二口までは、おいしいじゃんこれ。
その後、活火山は爆発したのだうわああああぁぁぁぁぁ!!!!!!!

唐辛子の辛さではない。南部特有のスパイスの辛さだ。胃に直撃の総攻撃系。
このスパイス、なんていったけ!?
まあそいつがすごいのだ。ピー、6口で白旗。。。。
おれはそれでも味が良かったので、けっこう食べた。(最終的には体をいたわり残してしまったが。すんませんコックさん)
そこでプーは限界を知ったのであった。
ホングナーム(トイレ)直行である、、、、、多分10分は経っただろう。宿便もすべて出たと思う(汚い話しでコートードクラップ)。
すっきり、戻るとピーが苦しんでいた。毛穴のないピーは汗こそかかないが胃を押さえて苦しんでいた。
そうだ、こんなときはタイのあま~いデザートで中和するしかない。
ということで、ブアローイ(おだんご入りココナッツミルク)を頼む。



2009/5/10-3



甘くて、暖かくて、すべてが中和されていく。
ああ、甘くておいしか~。
このあと、ピーも中和されていった。
「慣れもも必要だが、無理はいけないね」とピーと談笑しながらグラップバーン(帰宅)した。

辛いものマニアの方にはぜひ挑戦をしてみて欲しい1品。



タイカントリー
新宿区百人町2-2-1REMAX新大久保3階
3200-7997


アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワディクラップ

24時ごろタイ料理が食べたくなったプーとピー・フアラーンはさっそく新宿、職安通りにあるラムヤイへ向かった。
とはいえ、夜食ではないのだ。二人とも遅い晩御飯。なんて不規則なひとたちなんだと、今書いていて痛感。。

まずは、ピーの好物、ヤムウンセン(春雨サラダ)。
写真は下手だが、お味はディー(グッド)。さすがだよラムヤイである。



2009/4/6-1



トーパイ(次)、パッド・パック・カナ(菜の花系タイ野菜の炒め)。
よい歯ざわりで、グラティアム(ニンニク)も効いてて食べやすい。ちなみに辛くはまったくなし。



2009/4/6-3



トーパイ、世界三大スープ「トムヤムグン」である。
固形燃料ぐつぐつ系ではないが、これまた、さすがなお味である。
なにも言わなかったので我々には辛さがちと足りなかった。


2009/4/6-2



and next、カオマンガイ(蒸し鶏のごはん)である。
こやつがまたピーの好物。ピー曰く「美味いねこれ」であった。



2009/4/6-4



店内ではタイのニュースが放送されていて、タイ人率も高く、まるでタイにいるかのような思いにさせてくれる。なんて素敵なんだ!
そして、完璧な発音を求める厳しいタイ人ウエイトレスのおばさまに何度も発音をなおされ、10回ほど言わされたところで「少し近くなった。」となんとか及第点を頂いたプーが居たことも補足しておきます。
ああ、、、難しいタイ語の発音、、、、、、



ラムヤイ
東京都新宿区大久保1-1-9
新宿フラワーハイムビルB1
TEL: 03-3205-3219


アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワディクラップ トゥックタン

暖かくなってきましたね
うれしい限りであります。
さて、昨日のつづきのメイン料理であります。
メインはこいつ!ムーガタ(タイ風焼き肉、タイ風ジンギスカン)であります。
やばい、、、けろろ軍曹見すぎて、語尾が軍曹になっとる。。



2009/3/17-4



ムーガタとは、真ん中の突起部で肉を焼き、周りの溝に鶏ベーススープを入れてそこで野菜などを煮る料理。
本土では、90バーツ~120バーツ食べ放題なんてことになっているちょー人気メニュー。
もともとは韓国のBBQをもとにして、10年くらい前に北部に入ってきた料理らしい。
具材は、肉、海の幸、野菜、ルークチン、なんでもござれな料理。



2009/3/17-1



そして、こちらのお店ではこの2種のタレがサーブされる。
ジェオたれとなぞのたれ。どちらも美味い。



2009/3/17-3



肉が張り付いたら、スープをじゅ~とかけて剥がすのが新宿流。
フクロダケにスイートコーンにキャベツ。んん~んまい!
肉は標準で、鶏、豚、牛、マトン。
追加で、いろんな具が追加できるシステムなのだ。
われわれは最後にセンレック(やや細めん)を追加で入れてがっつり頂いた。



2009/3/17-2



けして上等な肉ではないんだけど、こういうのって雰囲気でさらに美味く感じるよね。
焼き肉の煙がでるから、クローズドの店内だと焼き肉用排気システムないとつらいけど、半オープンエアーのこちらなら、マイミーバンハー(問題なし)である。
これから、暖かくなれば、ホントお勧めであります。(あれ、、、軍曹さん。。。


タイ串焼屋台 クンパオ
東京都新宿区新宿3-10-11
国久ビル1F
03-3353-5359



アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆(ウーイ!満点です)

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワッディークラーップ

今日はタイ人以上にタイを愛する男の中の男の経営する店と申し上げても過言ではない店を紹介するでござる。
店名はクンパオ。日本語にすればエビ焼き。。なんのこっちゃである
テーブルは店外当たり前。椅子はビールケースに座布団。ラブ屋台感満載。タイ人魂120%のマスターにはすべてマイペンライなことである。
ここにタイ人の2-3人でもいれば、ここはバンコクかと錯覚すること間違いなしの状況。
プー脱帽である。



2009/3/16-1



今日のお目当ては「ムーガタ」タイ風焼き肉orジンギスカンといったところだろうか。
しかしながら、この前編では店の雰囲気とお通し料理をご紹介しよう。
まずは「カイパロー」豚の角煮に卵を煮込んだ料理。
卵は、なぜかうずらでござった。



2009/3/16-2



トーパイ(次)、「ラープガイ」鶏ひき肉の東北サラダ。
これが、すごくいい!タックライ(レモングラス)ががっつり効いてる&辛さもびしっと効いている。まじ、イケる。
いい忘れたが、こちらのコック兼社長さんのクンUWANはコン・イープン(日本人)である。まあ見た目は完全にタイ人ぽいが。職質で外国人登録証の提示要求も日常茶飯事らしい。天才とはこの人のことだろう。



2009/3/16-3



タイ語も堪能、タイ料理もそんじょそこらの日本人向けタイ人コックなど足下にも及ばない腕。そしてなにより特筆すべきは、彼はタイ王国とタイ人とタイの文化を心から愛しているのだ(多分)。チャイヨーである。
~後編へつづく。



タイ串焼屋台 クンパオ
東京都新宿区新宿3-10-11
国久ビル1F
03-3353-5359



アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆(ウーイ!満点です)

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

ワッディ

大久保シリーズ第二段。
クンメー1のランチをご紹介しる。
大久保駅脇を入った商店街には、このクンメー1の他、クンメー1の真正面にソムオー、さらにおくに入っていくとクンメー本店がある。
どこに行こうかいちお迷った。
クンメー本店は店的に一番ハコが大きそうだった。これまでの統計で大きい店ほど得てしてう~んなことが多い。なのでパス。
ソムオーは、以前SMKと高円寺店に行ったときのがっかり感が大きく、これまたパス。
ということで、消去法でクンメー1に決定した。

ランチは多めの19種類で950円。
プーはガパオ・ガイ(鶏肉のホーリーバジル炒め)ランチを注文。
お味はごく普通。米はうれしいカオスワイ(タイ米)。けど水が多い炊き加減でもったいない。ちょっとおかずも少ない感じだ。



2009/2/24-3



ランチには、トムヤムヌードルとサラダとデザート(モーゲン)とドリンクバーがついている。
トムヤムヌードルはのびていていただけない。そしてトムヤムスープも「えぇ~。。。」みたいなお味。
デザートのモーゲン(たろいもプリン)は甘さ控えめの日本仕様。残念ながらプーには甘さ足りないね。
ドリンクーバーは種類が多く、マンゴーやパイナップルもあったのはいいね。



2009/2/24-2



客層はなぜか中国人率が50%を越えていた。
店内はタイの小物や装飾がほどこされなかなかの出来。
タイ料理激戦地区だけあって、コストパフォーマンスは950円にしてはよいと思う。
けど、やっぱ、勝負は味だよね。お母さん!(クンメー=お母さん)



2009/2/24-1



クンメー1
東京都新宿区百人町 1-10-11
SK ビル 1F
TEL: 03-3227-9588


アロイ度(味)☆☆(トムヤムが足をひっぱった)
サバーイ度(心の快適)☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワディクラップ トゥックタン

さて前回のつづきです。
前回触れたが、ここはタイ南部料理が売り。
南部料理といえば、さらに辛いが定説。とうとうその本領発揮である。

まずは、ヤム・タックライ(レモングラスの辛いサラダ)である。
タックライの輪切りにホームデーング(赤いたまねぎ)、ピーナッツ、エビ、そしてエイひれが入っている。
なにしろ辛い。もちろんタレには甘みもあるのだがそんなことは関係なく辛いのだ。
エイひれの甘さが少しは辛み中和に役立つのかといえば、役には立たない。
しかし、タックライのヤムは美味いね。ここのいいっすよ。
余談であるがタックライには食べられる柔らかい部分とトムヤムなどのダシに使う固い部分があるのだ。以前固い部分を食べようとして歯茎に突き刺さったことがある。お気を付けあそばせ、おほほほほである。



2009/2/21-1



そして、本名馬はこいつだ。
メニューの時点でプリック(唐辛子)マーク5本!
弱気なおれたちは、プリック3本にしてねお兄さんと注文。
料理の名前は「クワクリング・ムー」南部風豚激辛カレー炒め。



2009/2/21-2



見た目には辛くなさそう。
付け合わせはキャベツにきゅうりにつけもの。
さて、一口ぱくりん。。。。。カッレーーーーーー!!
しかし、美味い。カッレーーーーー!!美味い。カレーーーー(涙目)の永遠的繰り返し。
メビウスの輪的料理である。
バイマックルー(こぶみかんの葉)も千切りではいっていてナーイス!
しかし、この辛さはタイ本土以来の衝撃である。
ウエイターの兄さんが「辛いですか?」と聞きにきた。
「ちょー辛いんですけど」とおれ。
兄さん「タイ人も普通はごはんないと食べれないよ」
おれ「え。。。先に言ってよ!!じゃごはんごはん!!!レオレオな(早くね)!」
ほんと、早く言ってくださいである。
3本でこの辛さ。はたして5本ではどんなケツ末になるんだろう。
辛いもの好きな輩はタイカントリーへゴーである。

さっき辛かったヤム・タックライが甘く感じてホッとするほどだと表現すればそのとてつもない辛さが伝わるだろうか。

その数十分後一緒に食ったクンKZは残念ながら爆発したご冥福をお祈りする。



タイカントリー
新宿区百人町2-2-1REMAX新大久保3階
3200-7997


アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

ワッディ

先日、1日中大久保へ行く用事があった。厳密にいえばまる2日である。
大久保・新大久保といえばリトル・コリアというイメージであろう。韓国料理屋、韓国スター百貨店など韓国パワー爆裂の街である。
しかしそんな中、密かにタイ料理屋がひしめき合う街でもある。

夜、用事も済みクンKZを大久保へ呼び出す。
さて、どこに行こう。と思った瞬間である。「タイ南部料理」という文字が飛び込んで来た。
おお、ナイス!!ここしかない。パッ!である。

店は雑居ビル3階、エレベーターに乗るとタイ人女性も乗り込んでくる。
タイ人度が高い店ほど美味いという統計。これは期待大である。

店内は、タイとアメリカンカントリーが融合した空間。
スクリーンでは、carabao大先生たちが唄っている。
(ちなみに大先生の音楽はこんなんです。)

うちらのテーブルの横に気になる写真が、、、、carabaoとどうやらカウンター内にいる渋いタイ人男性の楽しげな写真。
どうみてもバンドに溶け込んでいる。間違いなくここの彼もミュージシャンだろう。
プーのミュージシャンアイはゴマかせないぜ。



2009/2/19-1



ウエイターに聞く。
「彼だよね?」「そう」「カラパオだよね?」「そうです」「友達?」「そう。社長の友達」「社長もミュージシャン?」「そうです」
イカし過ぎだぜ!社長。



2009/2/19-3



店内はこんな感じ。
タイ人率70%。遅くなるにつれタイ人が増えてくる。
店の様子はこんなところで、料理の話しに移ろう。

とりあえず「カオマンガイ」蒸し鶏のせごはん。



2009/2/19-2



鶏とタレはかなり美味い!
肉は厚めでジューシーだ。
米もカオスワイ(タイ米)仕様。
なのになぜ!?ただの白米なのだ!!!
カオマンガイといえば、鶏のゆで汁でご飯を炊くが決め手なはず。
おしい!おしすぎるぜ!タイカントリー。

問題の南部料理については次回報告しる。
つづく。


タイカントリー
新宿区百人町2-2-1REMAX新大久保3階
3200-7997


アロイ度(味)☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

サワディクラップ

今日はタイ料理は好きだが体(腹)がついていかない、なんともふびんな男ファングとディープな街新宿へ。
彼と行くときは辛いものを頼まないのが規則。つーか、そうしないと翌日たいへんなことに。。

職安通りはアジア一色。とても日本とは思えない。最高である!
そんな職安通りにタイのスーパー「アジアスーパー」がある。このスーパーのとなりの地下に「タイラーメンとタイ料理」と看板を掲げる「ラムヤイ」レストランがある。
今日はここである。

まず、プーは「ノム・デーング」(いちごミルク)。
まさに味は、まーるくてちっちゃくて△だあ~である。



2009/1/26-1



ファングのリクエストにより「コームーヤーング」(豚トロ焼き)をオーダー。
タレさえあまりつけなければ辛くないからよしだ。
美味いんだけど、ちょっと油多すぎかな。そして、タレがナムジム・ジェオでなく、シーイウダムベースのケム(しょっぱい)な感じ。
やっぱ、ジェオたれがいいよな。



2009/1/26-2



ファングは「バミー・ナーム・ムーデーング」(焼豚入りラーメン)をたのんでいたが、写真を撮る間もなく食いついてしまったので写真ないから割愛。

プーは「クイティオ・ペッド」(あひる入り米麺)を食べる。
肉の量は申し分ないくらい。逆に多すぎかもくらい入ってる。
骨が一緒なのでちょっと食い辛い。
スープはなかなかいい味。でもちょっとケム(しょっぱ)かな~。

コームーヤーングのタレもだったが、ちと全体にケム気味かもしれんね。



2009/1/26-3



お店の雰囲気は実にサバーイ!
タイ人率も高いね。
夜中はカラオケ三昧になる雰囲気満載だし。
ビデオクリップは常にルークトゥング(タイ田舎演歌)で、その切ないストーリーに釘付けだ。
この辺りはタイ料理屋がむちゃくちゃ多いから、じっくり探検してみたいと思ったけど、うちからちょっと遠いのと、一人で探検には少しの勇気と体力がいるんだよ。。。つき合ってくれるサバーイな方大募集!



ラムヤイ
東京都新宿区大久保1-1-9
新宿フラワーハイムビルB1
TEL: 03-3205-3219


アロイ度(味)☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する