サワッディクラップ

2012年プー的ナンバー1店舗。ずっと公開せずにきたお店を本日ご開帳(ぱっくり)。

過去に大事にしたくて公開をためらってきたお店といえば、蒲田の「イサーン」(現在閉店。立ち退きの為お母さん帰国)と、錦糸町の「プアンタイ」(初期のコックさんは都合により帰国)。
そして今回解禁する小岩の「いなかむら」で3店舗目となるわけなのです。

皆さんに美味しいタイ料理を食べてもらいたいという心意気と、ちょーお気に入り店はタイ好きの知り合いくらいまでに教えてそのマイペンライな雰囲気と日本人に合わせない味を保ってほしいという欲求が、いつも火花を散らすわけなんだけどね。







久しぶりに食べログのタイ料理東京ランキングを見てみたら、なななんと1位モンティ、2位いなかむら!!
であるなら、すでに温めておく理由はなくなったという訳で、みなさんにもその素晴らしいタイ料理をご紹介したい。

↑まずは美味しいタイ料理屋の定番食器、リロ&ステイッチ(だっけ?)



P1140701.jpg



タイ人率90%(2012年プー的データバンク統計)、タイカラ装備、タイマッサージへの扉装備。
タイカラオケがあるから普通のタイレストランと思って行かないでね〜。



P1140705.jpg



細かく言えば、劇的に美味しくなってから公開していないのです。
その前のコックさんの時には実はブログを書いているのだ。



P1140698.jpg



劇的に美味しくなった理由は、今はなき堀切菖蒲園にあった「サヘラ」のサラブレッドシェフ、タム氏がこちらに移ってきたからなのです。
サヘラの記事はこちらを参照→ http://mueangthai.blog44.fc2.com/blog-entry-590.html



_1140717.jpg



プラーニントードサムンプライ
揚げたタックライとバイマックルートの下には甘さ辛さ酸っぱさ塩気絶妙バランスの香草たっぷりのタレ。完璧だ。



_1140712.jpg



ナムトックコームー
カオクア、パクチー、バイマックルート千切り、肉は油ののった柔らかくてジューシーなコームー。これも完璧。



_1140730.jpg



ゲーンタイプラー
日本人に媚びない辛さと味付け、またもや完璧。



_1140726.jpg



カオクルックガピ
甘辛の肉とソーセージ、パクチー、ホームデーン、酸っぱいマムワン、プリックなどをまぜまぜ。
マムワンを混ぜると爽快さと酸味が加わり絶妙の味付けになる。その価値プライスレス。



_1000367.jpg



ソムタムプーパラー
パラー具合、辛さ、酸味、塩気、言うことなす!



_1140902.jpg



トードマンクン
ふわっ〜ではないけどすり身はとても美味しい。



_1140916.jpg



パッドガパオムー
微妙な甘みが絶妙。しっかりした味つけでガパオもガッツリしっかり入ってます。アロイマークv



_1140905.jpg



トムヤムガイ
タックライ、カー、バイマックルート、そして日本ではあら珍しいバイマカーム(タマリンドの葉)入り。



_1140910.jpg



酸味が効いていて非常にバランスがよい味付け。とり肉もぷりっと美味しい。天才。



_1140988.jpg



ラープガイ
もつ入り。パクチーとバイマックルートで香り良し味良し発射オーライ。



_1140993.jpg



ネームクルック
う〜ん、やばウマっ!



_1140997.jpg



カオマンガイ
生姜とニンニクの入った確か炒めご飯タイプ。
肉はジューシー、タレはニンニク生姜すりおろしの入ったタイプ。美味しいけど珍しく天才的ではないという印象。



_1150002.jpg



カオソイ
マイルドだが味はいいね。麺はいわゆるラーメンの小麦麺を使用。
カオソイ必須の各種付け合わせがなかったのが寂しい。平均点以上にもちろん美味しいんだけど他の料理の完璧さと比べてしまうと、これも得意料理の範疇ではないのかなと思わせてしまうサラブレッドの天才っぷり。



_1150003.jpg



クンオップウンセン
生姜、豚肉などのエキスがしみでたウマウマ状態。天才アゲイン。



_1150551.jpg



ゲーンソムプラーチョン
土鍋でどーんw
しかしこれ美味すぎvvプー好みの味ドストライク急速180キロ。



_1150556.jpg



まるまるなお魚の形でないのでエンターテイメント性には欠けるけど、雷魚は切ってあると取りやすくて食べやすいのだ。



_1150544.jpg



タップワーン
半生に近い微妙な火加減のレバー。
抜群の味付け。パーフェクトだろ。



_1150548.jpg



ムーマナーウ
コームー仕様のお肉は最高。
氷で冷やしたカナーの茎が付け合せで本格的&最高に合うコンビネーション。



_1150568.jpg



ラーププラードゥークヤーン
骨までカリッと食べられる。もう聞き飽きたでしょうがパーフェクトだよ〜ん。



_1150600.jpg



パーキルユールワック
茹でセンマイにタオフージーの入ったソースをつけます。



_1150587.jpg



これは手間も掛かるし材料も特殊なので、要予約で作ってもらったお料理。
カームートード
豚の太ももを丸ごと煮込んでからカリッと揚げた一品。
大きいまま揚げてから、カットしてさらに2度揚げするので皮のカリカリ度とした食感が最高。



_1150597.jpg



タレは2種類。
シーイウダムワーンのとろりとした甘さとパクチーとガーリックのタレ。
辛さの効いたシーフード(サームロット?)系のタレ。
プー的には、甘さのあるタレの方が五香粉の香りが効いた肉に合うと思いました。



_1150589.jpg



以上、貯めておいた「いなかむら」タム氏のお料理を一挙ご紹介しました。
あ〜、お腹減ってきたお〜。



クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆(タイカラ好き・タイ王国好き・タイ人好き推奨)



タイ料理 いなかむら(KANPAI)
東京都江戸川区南小岩7-26-21
03-3659-2189





いなかむらタイ料理 / 小岩駅京成小岩駅

スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する