サワッディクラップ

最近時々思うのが、そろそろ5段階5列☆評価をやめようかなぁと。。

神のお告げが夢枕にあって、このブログをはじめて早や3年と少々。
「タイの魂があるお店でなんちゃってでない本当のタイ料理を多くの方々に知って頂き、それがタイ王国そのものへの興味となり、プーも大好きなタイという国へより多くの人に関心をもってもらいたい、出来れば旅行に行ってその素晴らしさを実感してもらいたいなぁ」とお告げを実行しはじめたのがきっかけ。

その頃に比べて、タイ料理の認知度やポピュラリティーは確実に上昇。
それに従ってタイレストランの数も上昇気流に乗っかったみたいでウナギパイ昇り竜。
タイフェスに至っては満員電車のごとくな人気ぶり。

となればなんちゃってでないタイ料理の認知度普及もほっといてもついてくるだろう。
であるならば、五段階☆評価システムズがなくても写真と文章だけで「なんちゃって」なのか「本物イケてる」のかも読者の皆様にも判断可能と思われるからであるのよ。
さーてどうしよっか悩んじゃ~うのプーなのです。

今日そのままイキマース。


ミラーボール
ペプシな看板



_1120368.jpg



ガイヤーン
つけダレの味がころよく染みてます。黒こしょうが味をキリリと引き締める。
つけダレの残り香的バイマックルーもひらりのってる。
付け合わせのタレはパンチの効いた辛さの中にもやや甘みのあるナムジムジェオ系。



_1120352.jpg



タップワーン
レバーをサラリと湯通ししたものにイサーンなタレ。
湯通し加減が半生で最高に美味しい。臭みなど皆無だ。



_1120364.jpg



ピー・インソンからの特別な一品。
タイで鯛鍋!
しかもレモングラスなどのタイなハーブがばっちりはいった酸っぱくて辛いスープ。



_1120356.jpg



こんな尾頭付が陸揚げされた日には盛り上がらないわけがないないない。
Pインソン、コープクンマクマーククラップ



_1120362.jpg



ネームクルック
濃い目の味付けのカリカリごはんに酸味のあるネームソーセージ、そしてたっぷりのホーラパーとパクチー。
まきまきして食べればオールモストパラダイス、ウイあーノッキンおんヘブンズドー間違いなし。



_1120360.jpg



トムセープヘーン
特注ですが快く作って頂きました。
タイ料理店とはこうあるべきの鏡。
あっちこっちのモツに生姜やレモングラスやホームデーンなどもたっぷり。
ピー・インソン、苦みのあるナムディー(胆汁)入りのジェオタレをばっちり調整してくれた。
まさにイサーン!これぞイサーン!セープイリーイサーン!!



_1120367.jpg



締めは巷でインソンラーメンと囁かれている一品です。
センミー(極細米麺)が合う濃い目の味のスープは上品な出汁がよくでてます。
とはいえ基本中の基本アイテム、調味料ははなせません。



_1120371.jpg

_1120373.jpg



渋谷という土地柄、若人のお客さんばかりなのですが(モチプーも若人ですがw)食べてるものを見てみるとほとんどが、グリーンカレー、パッタイ、ヤムウンセン、ガパオ、生春巻など王道的なものばかり。
王道料理ももちろん美味しいし悪いわけではないのだけど、ピー・インソンの持ち味はプーが今回頂いたようなイサーンな料理の数々に120%散りばめられているのです。
ぜひ未来を担う青年の皆様には美味しいタイ料理の世界を広げるべく、王道以外の料理にもどんどん挑戦して欲しいと思うのであります。



アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆



タイ屋台居酒屋ダオタイ 渋谷肉横丁店
東京都渋谷区宇田川町13-8 ちとせ会館2F
03-5459-1729




タイ屋台居酒屋ダオタイ 渋谷肉横丁店タイ料理 / 渋谷駅神泉駅明治神宮前駅

夜総合点★★★★★ 5.0

スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
knock'in on the stair way to heaven♪
シャレも効いてるタイ鍋~。
渋谷は、どこさもなーんちゃって料理ばかんりだったっぺから、こーんな1,2,3~でインソンさーんのお店が懐かしのちとせ会館に出来ておらうれしいっぺよ。
昔彼のイサーン鍋をあはーんしたらうふーんして・・・現地と比べても勝っているなぁのおどろきアロティク料理だした。
だけんど今は簡単には渋谷さ行けねぇのがつれーっぺな。稲刈りも終わっただし行きていなぁ・・・。
Re: knock'in on the stair way to heaven♪
ダーさん

ヌンソンサン~でインソンさーんで爆笑しましたwww
さすが師匠。
稲刈り終わったらバーンラックも行きましょうよ~♪
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する