サワッディクラップ

サラブレッドシェフ、タム氏のいるタイ料理屋「サヘラ」でいろいろ食べてきましたー。
看板は変えるのがもったいないから以前の「アジア料理の店」のままw
しかし侮ることなかれ、ここは本格タイ料理レストランなのだ。
しかもプーが勝手に「東の端の横綱(英訳:ファーイースト・スモウレスラー・チャンピオン)」と呼んでいるシェフが切り盛りするタイ料理店なのだ。(ちゃんこ屋じゃないよ)



2011/8/5-10



キッチンが見える程よい広さの店内。
プー的には重要ポイントなのだ。



2011/8/5-4



そして謎のオブジェ的海老w
掴んでくるぜ



2011/8/5-3



ヤムプラドゥークフー
サックサクに揚げられたナマズさん。
右端に見切ってる「マムワンのナムヤム」は、すっぱ甘辛い青いマンゴーのソース的存在。
軽く揚げるテクも重要だがこのナムヤムの味で印象は完璧に左右される。
相変わらずうんまい



2011/8/5-1



タップワーン
レバーの辛いサラダ。
下処理、火の通し具合、そして味付け、どれをとってもサラブレッドな作品。
もはや作品と呼ばして頂きたい!



2011/8/5-2



プラー鯛パウグルア
鯛の塩焼き。
立派だ。こんな立派なの恥ずかしくて直視できないよ~お兄ちゃん
ナスが添えられているのが恥ずかしくてまた直視できないよ~お兄ちゃん(謎コメスンマセン)
お腹の中にはホーラパーやタクライなどのハーブ類がぎっしりと詰め込まれていて食欲をそそります。
付けタレが2種類。
ナムジムタレー系のタレとナムプラーベースのタレ。
このタレがまた美味しいのです。
そして辛いのですよ



2011/8/5-5



ナムプリックパラーラー
パラーラー(塩漬け川魚の発酵したもの)ベースのナムプリック(ミソ)に茹で野菜をつけて頂きます。
これカラーーーイdeアローーーーイ



2011/8/5-6



ゲーンパーガイ
鶏肉入り森のカレー。
本来は激辛のパンチの強いゲーンなのですが、これはわりと辛さ控え目な気がしたのはナムプリックパラーラーの後で食べたから???www



2011/8/5-7



ラーププラドゥーク
なまずさんのラープ。
これがまたいいお味。
なまずさんの身の良さをしっかり引き出している調理って感じです。
なまずさんも成仏ですチーン



2011/8/5-8



タプティムクローブ
ココナッツミルクに綺麗な色のお菓子。
カラフルなもちもちの中にはクワイ(แห้ว)が入っていてシャキシャキと美味しい。
もちもちとシャキシャキのハーモニーはまさにタイランドマジック。



2011/8/5-9




さすが横綱級サラブレッドの作る作品はどれも美味しいくて大満足なプーご一行でございました。
ご一緒して頂いた皆々様ならびにadaprioさまコプクンマーククラップ
ありがとう。そしてありがとう。



アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆



アジアンダイニング サヘラ(といってもタイ専門なんだからね!)
東京都葛飾区堀切3-7-17 2F
電話番号:03-3691-1800

スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

コメント
立派な額入りのえびさん…
ぜんぜん意味わかんないw

日本の魚をそんな風に食べられるのはじつにうらやましいです。
そのふわふわの身の上にプラーラーのナムプリックをそうっとのせてほおばりたい。

タップワーンとぜんぜんちがうけど、今日プラーワーン食べたよ。
あれおいしいよね。お酒飲む人にはたまらないだろうなー
くぅっ、、、
美味しそう、、、お腹が胃液でシュンシュンしてきたぁ~~~
 
プラー鯛バイアグラと読み違えそうになって焦っちゃったわ、、、
今日も昼飯もそうそうにパティシエv-222
今夜のカノムはスペシャルですタイv-238
Re: タイトルなし
のりこさん

海老で鯛というトンチだと思いますwww

プラーワーンってどんなんだろう??
食べてみたいです。
Re: くぅっ、、、
プラー鯛バイアグラ!!wwそれ、おじさまたちにむっちゃ売れそうですね5555
Re: タイトルなし
adaprioさん

先日はコプクンマーククラップでした。
adaprioさんのカノムのアロイさは絶品です。
またいただきタイです!
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する