サワッディクラップ

先日、2泊3日で宇都宮にタイ行脚の旅に行ってきました。
宇都宮といえば餃子にかんぴょうのイメージング。
しかし、今回の訪問でそのイメージングは完璧に崩壊したと宣言しようw

宇都宮、タイランド宣言by プー

いまや「宇都宮」といえば「リトルタイランド」とプーの脳みそでは変換されることになったのだ。

ここですこしそのことを説明したい。
宇都宮駅東口を出て徒歩5分、タイ料理屋とタイパブ(アジア系飲み屋含む)、タイマッサージなどが点在する地域がある。
夜はタイ人のおばちゃんが行商に歩き、町にはタイ人があふれ、24時間営業のタイレストランさえ存在する。

まずは一日目の夜、「ミトナング」を訪問。
このミトナングはこの近辺では古株らしい。
そして、24時間営業という偉業を成し遂げているのだ。
店内奥にはミラーボール装備のカラオケルームやタイマッサージルームなどもあるらしい。
外観、すばらしい出で立ち。
やきとり(=ガイヤーン)提灯がアメージングw



2010/10/18-1



中へ入るとそこはタイランドだった。
王様やヒンプラはいわずもがなの標準装備。
タイの食材は日用品、はたまたドラマのVCDまで標準装備。
開けっ放しのドアがタイのエアー感を盛り上げる。
タイ人の子供が店内を走り回り、次々とタイ人がやってくる。



2010/10/18-2



ホングナーム(トイレ)に行けばこれまたタイランド。
入り口の男女表示に半身マネキン。
ドアはあけっぱw
トイレの中にはなぞの椅子(まさか3バーツ使用料をとる係員用!?)



2010/10/18-5




2010/10/18-4



エブリシングがアメージングタイランド仕様なのだ!
厨房のおばちゃんはピンクのポロに白い給食おばさんキャップ!!(後日また画像をうpします)
メニューは豊富&イサーンの方しか召し上がらないようなものもフィーチャリング!!

まずは「ソムタムプーパラー」からだ。
塩漬けのカニぬか漬けの実入りパパイヤサラダ。
ぐおおおーー、辛い臭い大盛りで言うことナッシングのパーフェクトぉぉぉ。



2010/10/18-3



「パッペッゴップ」
カエルのスパイス炒め。
ぬおおおおお、カエルやんけー
淡泊でくせのない肉だが骨が細かくて食べにくかー。
けどレッドカレーペイストでうまい!
しかも、この香辛料や香菜のたっぷりさは現地だよ!!



2010/10/18-8



久しぶりに緑色の生こしょうを見た。
バイマックルートにホーラパー満載。
これだよ、これ。
がんばれ東京のタイレストラン。



2010/10/18-9



「トムヤムクン」
ノーマルスープのトムヤムクン。
ミルクの入らないさっぱりくっきりなスープ。
ちょー具だくさんで辛くて旨い。
スープがいい味&いい出汁でござんす。



2010/10/18-6



タックライ(レモングラス)やバイマックルート(こぶみかんの葉っぱ)などもどっさり。
どの料理にも言えることだが、盛りがいい、香菜や香辛料がふんだんに使われている。
メニューの表書きに自家栽培をしていると書いてあったが、それがこのふんだん感をなしえる理由なのだろうか。



2010/10/18-7



こんなのも入ってました。
パクチーの根っこだよね。
いかんせん、材料も味も素晴らしいでござんす。



2010/10/18-10



まさか、こんなところにプーの理想のタイレストランが存在していたとは!!!
まさにオールモストパラダイス、ウイアーノッキンオン、ヘーブンズドアーである

このあと別のディープなタイ料理屋へ移動する。
そして翌日は朝からまたタイ料理が待っているのだ

宇都宮行脚シリーズしばらく続くでござんす。



アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆



ミナトング
栃木県宇都宮市宿郷1-14-6
028-635-3319





ミナトング タイ料理 / 宇都宮駅

夜総合点★★★★★ 5.0
昼総合点★★★★★ 5.0


スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

コメント
す、すばらしい
文字からも衝撃を受けました。。。
このお店、すごい。
お料理も日本のタイレストランとは思えないですね。

しかも宇都宮がリトルタイランドだったなんて!
いっ行きたい!
クン・プーさんの文章を読まなければ、ここ「外国」ですよ!
本場の味を知らない私には、日本式にローカライズされた料理より
ドカーンと本場の料理を味わいたいです!
交通費もなんですが、、
帰りのことを考えると、やっぱり一泊でしょうかねぇ?飲んだくれ必至。
Re: す、すばらしい
めーくさん

ここは限りなく私の理想に近いタイ料理屋。いや、理想のタイ複合施設ですw
今回宇都宮に行って、私もものすごい衝撃を受けましたよ。
めーくさんもご帰国の際には温泉がてら行ってみてください。
Re: いっ行きたい!
あつパパさん

プー主催行脚旅行、いや宇都宮タイ一泊研修w実施しちゃいますか!
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する