ボンソワー

たまには他国へ行ってみましょう。
え?プーだってタイ料理以外食べてますよ。
どちらかというと和食が少なくて、タイ料理に限らず外国料理が多いですねー。
というわけで今日は、武蔵小山にある小さなチュニジアレストラン「イリッサ」へ

怪しい路地を進むプーご一行。
立ち飲み屋、その前の電柱で潰れている女性。。
その奥にイリッサはアルッサ。(くだらん、実にくだらん)



2010/9/24-1



そとにはこんなんが貼ってアリマッサ(しつこい程にくだらん)



2010/9/24-2



店内はラーメン屋居抜き状態。
カウンター数席とテーブル席一卓のみのこじんまりとしたレストラン。
先客が2名。常連さんぽい。
みんな、ママさんとフランス語で会話してるっさ。
チュニジアではフランス語とアラビア語がメイン言語らしいです。

店内にはチュニジアに関する観光本やイスラム教の本、フランス語の本などが置いてありました。



2010/9/24-4



で、いきなりのお通しがなぜかデザート。
モチっとしたクレープのような皮に甘ーいなんとも言いあらわせないアーモンド風味の具がくるまっております。
その上にチョコソースがうに~と掛かってます。
これは甘くて(下↓へ続く)



2010/9/24-5



ジャスミンフレーバーのチュニジアアイスコーヒーによく合います。



2010/9/24-3



デザートも無事終わり食事ですw

料理にはパンが付いてくるの法則。
このパンは自家製でクミンが入っています。
一緒に出て来る辛いハリサソース(パプリカ、コリアンダー、唐辛子から構成)をつけて食べるのがチュニジア風(?)



2010/9/24-6



「マトンのクスクス」
ひよこ豆、にんじん、じゃがいも、かぼちゃなどが入っています。



2010/9/24-7




「モウロウキアバクリ」
モロヘイヤと骨付きビーフのスープ。
これはモロヘイヤの苦みが効いていて大人の味だね。
かなり濃厚です。



2010/9/24-8



2階からイスラムの格好の女性が降りて来たり、みなさんフランス語で会話していたりと、ココハドコ状態になること必須のこのお店。
「チュニジア料理とは」が分かっていないプーには本場の味はわからないけど、多分この様子じゃ本場の味に違いないと思いました。
チュニジアフリークにはおススメのイリッサでございました。




チュニジアレストラン・イリッサ (ILLISSA)
東京都品川区小山3-19-5
03-3786-5332





チュニジアレストラン・イリッサ アフリカ料理 / 武蔵小山駅西小山駅不動前駅

夜総合点★★★★ 4.0

スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する