サワッディクラップ

東へ向かえ。
そんな電波を受信したプーは愛車ランボルギーニーディアブロ(日本名スズキパレット)でひたすら東へ向かった。
SUNAMOを右手に越え、川を越えるとそこはミッキーマウス駅
さらに東へ向かうと忽然とあらわれる我らがトントライロング(タイの国旗)。
そうか、指令はここだったのか。
ここは、行徳駅「タイレストラン ポケット」



2010/9/22-1



しかしながら渋いお店だ。
ドアを開けると4人のお客さんと、カウンター席にお客さんらしき方1名。
仏壇オケー。王様オケー。一安心である。
壁にはタイ語で「メニューピセ」特別メニューが貼られている。
全部は見ていないが、大体は手元のメニューに出ているものだった。



2010/9/22-2



メニューは結構渋めのプー好みなものもある。
いいね

「ヤムヘッルアンミッド」きのこのスパイシーサラダをまずは頼んだ。
エリンギ、椎茸、海老、イカ、挽肉、ホームデーンなどがインサイドだ。
辛めで注文したが、まったく辛くなかったので、もう一回ヤムなおしてもらった。
が、まだまだだったけどねw
辛さはともあれ、いい味付けです。
アロイです。



2010/9/22-4



ゲーンソムを頼もうと思ったのだが、素晴らしく美味しそうな写真につられて「ゲーンキョワーンパク」野菜たっぷりのグリーンカレーを注文。
長なす、椎茸、えりんぎ、人参、インゲン、ブロッコリーなどのお野菜がざくざく。
メニューの写真とはかなり違う見栄えだった。(ガク)
しかしながらホーラパー、バイマックルートもしっかり入っていて、辛めに作ってくれている。
うん、こりゃイケルね。
結構な量があったのでだんだん苦しくなってくる。
底のほうへ進むとなぜかしょっぱくなってきた。



2010/9/22-5



おなかいっぱいだったけど、せっかくだからなにかデザートと思って聞きました。
「サンカヤーファクトーン」かぼちゃプリンがあるということでソレ。
この手作り感は嬉しい。
もしかしたら近所のタイ人が行商で持って来たものかもしれないが手作りという点では間違いない。
甘さ控えめでこりゃ美味しい。
おなかいっぱいでもパクパク入っちゃいます( ´ ▽ ` )ノ



2010/9/22-6



お店を見回すとメニューが写真付でたくさん貼ってある。
これは武蔵小杉ムーハウを思い出させるタイ人好みの手法だ。
なにしろタイ語料理名をそのままひらがなにしてあるだけのアメージングもの多数。
とりあえず一例だけご紹介しておこう。
「京都ー、京都ー。次の停車駅はきようとー」である



2010/9/22-3



大好きだ、ポケット


アロイ度(味)☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆(気持ち的には☆5であるが平均値法だと☆4だ)



タイレストラン ポケット
千葉県市川市行徳駅前2-26-24
047-396-1962







関連ランキング:タイ料理 | 行徳駅

スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

コメント
これは
渋すぎますね~
流石のアロイレーダー、恐れ入ります。
おみせの外観渋すぎです。

今日ゲーンキアオワーン食べたんですけど、
ワーンっていうだけあって、甘みがしっかり出てるのはおいしいですね。
それでパンチのある辛さも伴ってると最高です。

ワット・プーカオトーン@バンコクの登り口には、
「ターンクンプーカオトーン」ってカタカナで書いてあります。
きょうとーで思い出しました。

きょうとー・・・
いいですね~。店の外の自販機もいい味をだしています。
またおもしろい名前をみつけてきてくださいにゃ。

きょーとー
Re: これは
ropefishさん

ropefishさんなみの軽いフットワークを目指してますw
Re: タイトルなし
のりこさん

そうそう、甘さと辛さのハーモーニーこそゲーンキアオワーンの醍醐味ですよね。

ターンクンプーww
Re: タイトルなし
ぴよ姐さん

「むさーて」というのもありましたw
また行かなくては
おっ、訪問されましたね。

小さなお店ながら、料理は結構マニアックですよね。
でも料理の辛さは日本人に合わせてあるのかな?
食材なんかも地元で作りやすいようにアレンジしているのかもしれませんね。
Re: また行かなくては
網焼きカレーさん

網焼きさんの記事を見てからいてもたってもしてられませんでしたw
素敵なお店ですね。
網焼きさんのホームグラウンドからは川を渡ればすぐですね。
ありがとうございましたー。
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する