サワッディクラップ

JR新宿東口。新宿歌舞伎町。
プーの頭には風俗しか浮かばない街だ。
しかし、そんな風俗街にもタイ料理屋は点在しているのだ。
だから、間違っても本来目指す入り口左手にあるピンクの看板に吸い込まれないようにご注意ご注意w



2010/8/22-10



ここをクリヤーすれば「バンタイ」はすぐ目の前。
重厚だ。重厚すぎるドアだ。



2010/8/22-11



入って正面、ピングーたちの上には神棚があります。
これで安心です。



2010/8/22-1



そして、若き日の王様と王女様。
もうパーフェクトに安心だ。



2010/8/22-2



店内も重厚感があります。
入ったときにはかなり広い店内ですが満席状態。。
10分程度待ちました。
さすが、人気店だな~と実感のプー。



2010/8/22-9



では、前置きが長くなりましたがメニューへ進む。

「ホーモックタレー」タイ風茶碗蒸し(メニューより抜粋)。
茶碗蒸しときたか~。
茶碗使ってないんだけどw
バナナの葉で作った入れ物にバジルを敷いて、ココナツミルクやレッドカレーでメインの味付けをし、シーフードを入れて蒸した料理です。
こちらのは最後にぶっかけるココナツミルクのとろみスープがちと寂しいかも。
辛さは皆無です。



2010/8/22-4



「タオチオロン」ココナッツミルク入り豚みそ。
ココナッツミルクとタオチオ味噌のディップ。
これは、タイの子供でも食べられるナムプリック。
辛みは全くなく、パームシュガーの甘さが引き立つディップ。
野菜につけて頂く。
タイ料理らしからぬタイ料理だが、正真正銘タイ料理なのだ。
ランチパックにはさんでもよさそうw



2010/8/22-5



「ヤムグラポプラー」魚の浮袋の辛いサラダ。
海老やカシューナッツなどがアクセントに入っています。
お味は辛甘ですが結構しょっぱい気がしました。



2010/8/22-7



「プラーチュチィ」マナガツオのココナツミルクカレーかけ。
揚げたマナガツオにレッドカレーベースのソースがかかっています。
見た目はかかっているというよりは、溺れていますw



2010/8/22-3



「カーオパッドグン」海老炒飯。
普通に美味しい海老炒飯。
プーは炒飯にプリックナムプラー(唐辛子魚醤)は欠かせませんが、一緒に行った大先生は「えー、なんでそんなの掛けてますかー!?」と驚かれてしまいました。。



2010/8/22-6



「ゲーンマサマン」イスラム式カレー(と勝手に命名してみましたw)
宗教上、豚肉は使わないのが一般的です。
こちらのも多分にもれず牛肉です。
じゃがいももごろりで日本のカレーに近いのかな。
しかしながらさらりとしたスープカレーです。
味付けが少ししょっぱかったですね。



2010/8/22-8



メニューの数はめちゃめちゃ多いです。
あまり見かけないメニューもちらほらで、さすが人気店の風格がここにもでているのかもしれませんね。
お味も全体的に標準以上ではありますがプー的には、ちょっと全体的にしょっぱかった印象でした。
まさに歌舞伎町を支えるタイ料理店ここにアリでした。(なんか無理矢理まとめたかにw)



アロイ度(味)☆☆☆+0.5☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆(重厚なタイ)
クンプーおすすめ度 ☆☆☆



バンタイ
東京都新宿区歌舞伎町1-23-14 第1メトロビル 3F
03-3207-0068







バンタイ タイ料理 / 新宿西口駅西武新宿駅新宿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

コメント
わたすは、アイ・パー
タイ料理屋にしてはかなり広い店内ですが、満席ですか~。しかもあのハードルの高いドアを超えて・・・値段も高いし・・・えらい店ですね。
Re: わたすは、アイ・パー
ダーさん

えろいところにあろいでえらい店です!
この店、よくいきまーす
Re: タイトルなし
高床マニアさん

大先生もよく御存知のようでしたよん
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する