サワッディクラップ

あつ~い昼下がり、高円寺へ行く途中で幡ヶ谷「セラドン」へランチピットインしました
大通り沿いにあるのですが、なぜか目立たなくて見逃しがちなお店です。



2010/8/13-1



タイのセラドン焼といえば日本の九谷焼みたいなもん(かな)。
店名のとおり汁器はすべてセラドン焼です。
灰皿やペーパーホルダーに至るまで全てセラドン焼。
立派なこだわりをひしひしと感じる。



2010/8/13-2



ランチセットは5種類、すべて900円です。
プーの選択は「バミーヘーングムーデーング」タイ風焼き豚のせ汁なし麺。
バミーヘーングはひさしぶりだったので楽しみ♪



2010/8/13-4



サラダ、スープ、デザートも付きます。
サラダはタイ風な味付けでナイスです。
スープは「トムカーガイ」ココナツミルクの入ったスープです。
辛さは押さえてありましたがカー(ショウガ)やタックライ(レモングラス)等の香りもしっかりと感じられる美味しいトムカーガイでした。



2010/8/13-3



中華麺に焼豚、つみれ、ピーナッツ、パクチーなどがトッピングされています。
底に溜まってるタレとまぜまぜします。
もちろん調味料を使って自分好みの味み仕上げます。



2010/8/13-6



麺はこんな感じです。
ちなみに赤い粉唐辛子はプーがぶっかけたものですw



2010/8/13-5



そして、デザート。
仙草ゼリーにタピオカミルク。
これも美味しかったです



2010/8/13-7



飲み物はプラス、、、いくらだったかなw
シロップの入れ物ももちろんセラドン焼!お見事

追記:タイ人顔の私プーはしばらくの間タイ人と間違われて、ずーーーっとタイ語で話しかけられましたとさww



アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆(お洒落タイ)
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆


セラドン (Celadon Thai Restaurant)
東京都渋谷区幡ケ谷1-8-3 GSビル本館 1F
03-5371-3223







セラドン タイ料理 / 幡ケ谷駅笹塚駅代々木上原駅
★★★★ 4.0



スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

コメント
懐かしい...
8~9年前、初台に勤務していた時に行った事がありますわ。
その界隈では結構有名店なんですよね。
偶然かはたまた宿命か、自分もバミーヘーン食った記憶がありますぅw
Re: タイトルなし
◯◯さん

それは懐かしいかもですねー。
そこは昔!っていうこと自分もネットやTV見ていてありますからよーくわかります。
また遊びにきてください。
次回はぜひお名前を!w
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
セラドン / 幡ヶ谷 | タイ料理
何料理が好きか? と言われれば、和食はもちろん、 タイ料理も思い浮かぶ。 東京にも何軒かお気に入りの店があるが、 どこが一番かというと、ジャスミンタイかセラドンかな。 セラドン 渋谷区幡ヶ谷1-8-3 GSビル本館1F / 03-5371-3223...
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する