サワッディクラップ

クン プーです。
この日は1月7日ということもあり、本来なら七草粥でもというのが風流なのかもしれないが、プーはもちろんタイ料理でキメタすv
間違えて隣のデートクラブのビルに入りそうになるも、おっと危ないで軌道修正w
階段のところどころにこのような飾りものがw



2010/1/14-1



こんなものを飾られちゃいやがおうにもテンションはアゲアゲというもの!
で、店内はこんな感じ。
光ってしまっているがチュラロンコーン国王ラーマ5世と現プミポン国王ラーマ9世の2ショット肖像画が愛国心を沸き立てるv



2010/1/14-2



ではさっそく料理にいこう。
ラープムー。イサーン風豚ひき肉のスパイシーサラダと説明書きにある。
もちろん激辛目でお願いした。
もち米ももちろんサングドゥワイ(一緒に注文)だ。
材料的には申し分ない。



2010/1/14-3



お次は、クイティオナムトックヌア。牛肉の香味ラーメンと説明書きにある。
血が入ってるスープになる。
ここのはあまりその血が感じられないライトな仕様であった。
特筆すべきは牛肉。柔らかく、適度な脂身感のあるいい肉が使用されていた。
うーん、こりゃ焼き肉用に違いない。
ラーメンにこんな高級そうな肉は初めてでありました。



2010/1/14-4



しばらくボッケーとしていると、ウエイターの兄さんがこっちへきて「覚えてませんかー?」と話しかけられた。
あ、数百メートル先にあるルアムジャイの兄さんじゃないか。
「おー、わかった!で、なんでここにもいるの?」と会話は進むよどこまでも。
ここのコックさんは彼のお姉さんらしく、ルアムジャイとは同系列らしい。
ウボンラチャタニー出身のティック君としばらく歓談をした。
もう1人ウエイトレスのタイ人の姉さんもいるのだけど、彼女もむっちゃ愛想がいい。
彼女は英語が堪能で、白人のお客さんと盛り上がっていた。

なかなかいい雰囲気のお店であった。
しかしやっぱ日本の伝統的には七草粥を食うべきだったかな~と腹一杯のあとの祭り男祭りであった。(イミフ)



アロイ度(味)☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆


タイ居酒屋トンタイ
新宿区大久保1-1-2 泰正ビル2階
電話(03)5292-1386






タイ居酒屋 トンタイ (タイ料理 / 東新宿、西武新宿、新大久保)
★★★★ 4.0


スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する