サワッディクラップ

やってきました吉祥寺。あれに見えるは有名なサンロード。(画像ないけど、、)
この日はcyco氏と一仕事終えたあとプーケットへやってきた。

さて、店内にヒンプラ(仏壇)があることはぼくのタイ料理屋選びには大事な要因。
ここはきちんと奉ってある。あー安心したぁ。



2009/12/19-2



反対の壁に目を向けると、王様と王妃様。これもホント大事だよ。
サバーイになりました。
で、王様の横の団体さんは誰??と、よく見てみる。
なんと!ウィーンフィルのみなさんお気に入りの店と説明書き。おお、フィルのみなさんは吉祥寺が好きなのかw



2009/12/19-1



ママさんは気さくな方でぼくがタイ語で話すとこっちへきてタイ語でいろいろ話してくれた。
微笑みもすばらしい。まさに微笑みの国の住人らしい。

メニュー。ラープムーヌア。北の豚ラープ。
もちろんカオニアオ(もち米)も頼みます。
おやおや、フィンガーボールがきましたよ!!(飲みそうになりまひたw)
北のラープらしくお肉はかなり細かくしてあります。モツもばっちりいろいろ入ってます。
辛さも注文通りのいい辛さです。お味も上品でいい感じですねー。
プーケットなのに北料理もイケテマス



2009/12/19-4



次です。ヤムプラームーク。イカの辛いサラダ。
タックライ(レモングラス)も効いてるし、辛さも辛めに作ってくれていてD(良い)!



2009/12/19-3



お次のトーパイです。プーパッポンカリー。カニのカレー炒め。
カニほじくるのはメンドクサイんだけど、この卵をからめたカリー(カレーのことねw)は好きなんだよねー。
カニじゃなくてタレー(海鮮)とかだとほじらなくていいから楽なんだけどねぇ。



2009/12/19-5



コックさんは遠目でも近くでも完全にタイ人ぽいんだけど、しゃべってみるとあれ、日本人???とまさに国籍不明の謎の方w
まさにアメージング。コックさんの国籍を知っている方は是非コメくださーい。

ウィーンフィルハーモニーメンバーお気に入りの店の理由がすこし分かった気がしましたwww



アロイ度(味)☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆


タイ国家庭食堂 プーケット
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-14 六鳴館ビルB1
0422-22-1007



タイ国家庭食堂 プーケット (タイ料理 / 吉祥寺、井の頭公園)
★★★★ 4.0


スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

コメント
おいしかったですね
どこも駐車場が異常に高いのがこの街のがっかりなところです。せっかく店と料理は良かったのに、申し訳なく思ってます。
コメントちょめちょめ
確かにコックさんは国籍不明な容姿ですが、ホントは日本の方だそうです。でも~ガパオ食べましたが、そこいらへんの店より美味しい本場仕様でした。フロアのママさんも感じよくまた行きたくなるお店!です~。
Re: おいしかったですね
cycoさん>最近はどこでも駐車場マジックが多くて困りますね。。

でも六本木とかより高いって、、、ナシですよね。
Re: コメントちょめちょめ
ダーさん>やっぱし、あの見事な日本語はコンイープンでしたか。

いや~、しかしほんとに日本人であの味をだすとはただものではないですね。
コックさん
プーケット暦14年・・・です!

コックは、日本人でご主人です。
マダムとはタイで知り合い、結婚されています。
寡黙なインテリのご主人(お姉さまは確かウイーンフィルに在籍)
とお茶目で人なつこいマダム。
日本人が忘れてしまった様な人に心を開いたおおらかさが、すばらしい。客である私を家に呼んでカレーや、海老チャーハンを振舞ってくれ、おみやげに持たせてくれます。素敵なお二人。
Re: コックさん
taroママさん

やはりあの風格はプーケット歴14年がかもしだすものでしたか!
お姉様がウイーンフィルなのですね。
なるほどなるほど、、いろんな糸が解けてきました。
情報ありがとうございます!
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する