サワッディクラップ

まずは、この門構えを見てほしい。
そして、なにもない真っ暗な裏路地にぽつりと一軒あると妄想いや想像してほしい。
さあ、あなたなら入りますか。やばいと思って他に行きますか。
タイ大好きっ子ならもちろん「チャイ(yes)」とお答えのことでしょう。
はい、もちろん私も入りました。
長ったらしい導入ですんませんm(__)m



2009/11/4-1



中に入ると女性客の団体さんが飲んでいました。
そのあとはカップルさんご入店。
以外なことにタイ料理初心者にも入りやすいタイ料理店みたいです。
カップルさんなどはお店の方のお勧めのままに頼んでおられましたし。

ということで、メニュー逝きますね。

トムヤムクン。タイ国が誇る世界的スープ。
ここは、ナムコン(こってりミルク)とナムサイ(さっぱり澄まし)が選べる。
うちらはナムコン。
注文時にタイ人と同じ辛さでね。としつこい程に頼みました。
まあまあ辛い。でもね~。まだタイ人の辛さ違うでしょ。美味しいけどね。
えびは頭がとってあり、殻もむいてあって食べやすいが、、それじゃ完璧な出汁はとれないと思うこのごろ。
こってりナムコンなのだが、どちらかといえばあっさり系に仕上がっているスープです。



2009/11/4-2



トーパイ(次)。
ラープガイ。鶏肉のラープ。
材料は申し分ないのだが、胡椒(プリックタイ)がすごい。
ほんとにすごい。出る穴デカ過ぎなんじゃないのってくらいすごい。。



2009/11/4-3



トーパイ。
ヤムウンセン。春雨サラダ。
これが、辛さがまったくなく、逆に甘い。
辛くないヤムウンセンはめずらしい。
にゃ~である。。



2009/11/4-4



トーパイ。
パッドパクブンファイデーン。空シンサイ炒め。
まったく辛さが足りなくて、かなり意気消沈。
一番最初のトムヤムのときタイ人と同じ辛さと注文しているのだから、こいつらは辛いのがいいんだなとぜひ察して欲しかった。
味は普通に美味しいですけど。
サービス業は気遣い大事だと思うんだけどなー。。。



2009/11/4-6



トーパイね。
ガパオガイ。鶏肉のホーリーバジル炒め。
普通にイケマす。



2009/11/4-5



トーパイ。
ガイトード。唐揚げ。
揚げるまえに甘いお醤油系タレにつけこんであるんだろうか。
甘辛くてなんだかなつかしい味。日本の心っぽい味付け。
揚げたにんにくもたくさんのっていて、食欲をそそる。
普通におべんとうに入れたら最高系な味付けです。



2009/11/4-7



最後ね。
メニューにはなかったのだが、センヤイラードナータレー(海鮮太麺あんかけ焼そば)ができるかコックさんに直接聞いてみた。
答えは「センヤイラードナータレー ダイ カップ(できます)」。
お、イケルじゃんとおもったのもつかの間、ホールスタッフのタイ人女性が来て「タレーはないです。豚か牛。」と告げられた。
「んじゃ豚で」と答えてきたのが、なんとセンヤイ(太麺)でなくセンレック(細麺)。。
まあ、いいけどさー。。。先に言ってちょーだいよぉって感じだった。

あーだこーだ言うお客さん来ないんだろうね、きっとさ。



2009/11/4-8



ディープな門構えとはうらはらに、女性客やカップルに人気のお店とみました。
ということで、味付けは本場仕込みとはいえませんが、隠れ家的タイ料理屋としてデートや飲み会等にいいお店なんではないでしょうか。

店名のプリックタイは胡椒のこと。だからなのか、全体に胡椒が多用されていた印象です。
店名にいつわりなし!てシメでいかがでしょうかwww



アロイ度(味)☆☆☆(ものによって☆☆)
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆


プリックタイ 
東京都豊島区高田3-36-2 
tel:03-3987-5689






プリックタイ (タイ料理 / 学習院下、面影橋、目白)
★★★☆☆ 3.0


スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

コメント
手加減
こんばんは。
何回かお邪魔しているのですが、作ってもらうゲーンパーは洒落にならない辛さです。
店名はプリックタイですが、ゲーンパーにプリックタイ・オーンは入ってません。
自家製ソーセージがお薦めのことが多いです。
トードマンクンがプリプリして美味しかった記憶があります。

近所のロッブリーキッチンも入りづらさ満点です(笑)
Re: 手加減
ゲン・パーさん>ゲン・パーさんが洒落にならない辛さとは想像を絶します!
一般人なら一口で降参な激辛なんでしょうねw

そしてロッブリーキッチン、気になりますねー。
お邪魔します。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。
Re: タイトルなし
萌音さま
ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する