サバーイディー

この日はほんとは(タイ料理を食べると3日間腹を壊す男)ファングと鉄道居酒屋探検に行く約束をしていた。
しかしながら急遽予定変更。ていうか、すっかり忘れていた。。。そうです、ムーハウでルークトゥン歌手が来る日だったのです。しかも2名もー!
残念ながらファングはご辞退されたので、クンKZ、むっしゅ、そして高床式住居をこよなく愛する女性クンAKKと行くのであった。
で、20時前にはお店に到着。店内はすでにお祭りさわぎ。


2009/7/8-2



左の男性はソムチットさん。右の女性はドークファーさん。
お二人ともその昔はブイブイいわせた歌手らしい。
そしてお二人ともこの写真より、けっこう年輪を重ねていらっしゃった。

とりあえず、はじまる前に腹ごしらえ。
トムヤムグンをちょー辛めで頼んだ。
ここのトムヤムはナイス&ディーにアロイ&トレビアンだ。
すっげー辛くてもうヒートは絶好調に



2009/7/8-1



席も相席。おれもおまえも日本人もタイ人も関係なしだ。
となりの人と料理をシェアして、ななめ前の人と乾杯のサワディクラップ&サワディカーである。
タイ人率想定70%、その内女性85%。まさに治外法権タイ王国チャイヨー状態が伝わらないだろうか。。伝わらんな、、、

そして、ドークファーさんのあとに満を持して登場の大スターソムチットさんである。(ここだけの話しだが、ドークファーさんが歌ってるときに隣の席でソムチットさんはガパオを食っていた。。唄う前に食うとは、計り知れないルークトゥン魂!)



2009/7/8-3



神々しいまでのジャケ!細川たかしも真っ青のクール&甘い表情!!
プワングマーライ(花のレイ?)におひねりをつけて、一緒にポラ撮影もしたさ。
ドークファーさんとお手合わせ頂いてダンスもしたさ。
ここは、どこだ!!??状態が延々と続く
この後コンサート&大ダンス大会はおそらく24時すぎまで続いたに違いない。
プーは24時ちょい前に失礼したので、詳細は不明だ。

日本の演歌歌手なら、となりでメシ食ってなんてありえないだろう。
クンKZに自分の携帯番号(タイの)教えないだろう。
おれはタイ人演歌(?)歌手の懐の深さと庶民との一体感を身を持って感じとっていた。


P.S. ルークトゥンとモーラムの違いがよくわからない。。。


アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆


タイレストラン ムーハウ
神奈川県川崎市中原区上丸子山王町1-1401
044-434-7231

スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

コメント
記事を見逃していました
これがウワサのあれだったんですね!歌手は存じ上げませんが、お店の楽しそう?な雰囲気が想像できます。次回は逃さず潜入したいと思いまーっす。
Re: 記事を見逃していました
ダーさん>ダーさんが知らないということはかなり地域限定で売れた歌手なんでしょうね。
次回はぜひご一緒に楽しみましょう!
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する