サワディクラップ トゥックタン

先日大久保で道に迷ったときに気になるタイ料理屋さんを発見しました。
これは早々に行かねばなるまいと、早速突入。

この、外観を見ただけでただものではないことが十分伺えるだろう。
敷居高い属性に属していることは間違いない(笑



2009/6/9-1



そして、内部。タイ食料品も売っていて、時おり外国の方々が買いにくるのだ。



2009/6/9-2



さてと、なにからご紹介しましょうかね。
これいきます。
世界三大スープ「トムヤムクン」。
デカえびちゃんにフクロダケ、味付けもナイスでアロイマーク(ほんと美味い)。
デフォでも辛さもなかなか効いている。



2009/6/9-4



トーパイ(お次ぎ)。「バッド・パックカナー・ガイ」カイラン菜と鶏の炒め物。
これは、ちょー定番野菜炒めであろう。
歯ごたえがあってD(ナイス)。鶏肉もおいしい。
味付けは辛くないので、お皿の脇に添えてあるプリック(唐辛子)でお好み調節。
いいね!



2009/6/9-5



トーパイ。「パッド・キーマオ・ルークチン」つみれの酔っぱらい炒め。
ルークチンは笹かま風味たっぷりなものを使用。
なぜかエビちゃんのお頭入り。そして生のバイ・ガパオ(ホリーバジル)がたっぷりふりかけってる。
これもDマーク!



2009/6/9-6



途中、昼も辛いものを食べ過ぎた我が会の青年部長を勤めるノーング・ユーが胃の痛みに襲われた。しかし、そこは青年部長である。近くのマツキヨに胃を押さえながら行き、ガスター10で回復。その後も見事に食べ続けた。
そこまでしてもタイ料理をとは!、、、見上げた根性を持ち合わせた青年女子であるとプー嬉し泣きよよよよよ。その根性をもってすればこの不況の時代でも就活は成功するはずだと確信のプーであった。(その数日後、内定確定との知らせを聞いた。根性根性ど根性はやっぱしモノホンだおめでとうクラップ

つづきは明日であります。


アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆


ルンルアン
新宿区百人町2-10-8 イニシャルハウスANNEX 1F
03-3366-9644

スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

コメント
知る人ぞ知る
こんにちは。
タイ料理のブログに出てくるお店ですね。
ハラルフードなので、ムーはなかったと思います。
元々アルコールもなかったようですが、今はありました。
ゲーンパーは出来ないと言われ、ガパオご飯を食べた記憶があります。

胃痛ですが、激しい痛みの時は「ブスコパン」が良いみたいです。
タイ飯屋は外見で判断!ですね
さすがクンプーさん、タダでは迷いませんね(笑。
陽気なママさんもナイスですが、イスラムの人だからお酒NGv-239なかなか行けませんでしたが、OKなら行ってイスラム料理も食べてみたいですらむ。
Re: 知る人ぞ知る
ゲン・パーさん>サワディクラップ。
イスラムで食べてよいものを「ハラル」というんですね。プーひとつ知識が増えました。

ここがイスラム系だったとはまったく気がつきませぬでした。
まだまだ細部に神経がいってないんだな~と反省。

ブスコパンとはこれまた初めて聞きました。
メモっときます。ありがとうございます!
Re: タイ飯屋は外見で判断!ですね
ダーさん>サワディクラップ。
お酒は結構みなさん飲んでましたね~。
うちの面々は飲まずにひたすら食いでしたが(笑

しかし、ダーさんはじめタイ料理マニア連合の皆さんはタイ料理屋事情をよくご存知で頭がさがりますらむ。
以前は、お酒の持ち込みができたんですよ、このお店。
その頃は、良く行ってたんですが、
その後持ち込み禁止になってから、ご無沙汰してます。
お酒飲めるようになったんだったら、また行ってみたいっすw。
Re: タイトルなし
Lakuさん>サワディクラップ。
そうなんですか、いろいろと試行錯誤してるんですね。ここのオーナーさんは。
本土では持ち込みマイペンライが基本ですけど、日本では珍しいですよね。
商売って難しいですね。
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する