sawasdee khrap

「カービング」それは果物・野菜・石鹸などをカービングナイフ1本で彫刻してゆく、タイが世界に誇る伝統工芸。
それは、料理の世界にも通ずるのである。
タイ料理の脇にお花の形をした人参などを見た事があるだろう。
独自の伝統工芸が己の伝統料理と融合する瞬間、、まさにそれはタイの文化内近親相姦?!
これ以上書いていると、脱線したまま帰ってこれなくなりそうなので、さっそくフォトを出す事にしる。



2009/5/23-1



これは、誕生日用スイカだ。武蔵小杉のムーハウのママの誕生日用に制作されたもの。
コックさんがカーブしたのだ。
ここのコックさんはチェンマイ出身とのこと。チェンマイはカービング都市なのだろうか。
そしてこの裏面をみて欲しい。



2009/5/23-2



うおおお!スッゲーぜ、コックさん。
グッドジョッブとしか言葉が思いつかない。
ちなみに制作時間は2時間程度とのことだ。遅いのか、早いのか、プーにはわからんけど。

んで、もひとつね。



2009/5/23-3



これは、メロンちゃんにカーブしたもの。
ザンギリ頭に目をつければ、さながらアンパンマンに出てくる、◯○マン風だ。(特に深い意味はない。)

札幌雪祭りでタイチームが国際雪像部門で連続優勝したというニュースを思い出した。
この伝統技術があれば、雪もスイカも同じなんだろう。
改めてタイ文化の素晴らしさを確認したプーであった


スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

コメント
はじめまして
ムーハウ、タイフェスの前日の金曜日に行ったら、
準備のためお休みでした。。
タイフェスで食べた、Dセットが超美味かったので、
近いうちにお店に行きたいと思ってます。
カービング
ゲ サラックですね(タイ語)

実は~v-7一年位前から習ってるんですです<私

わりと
出来ますv-218プーさんがカービングにいつ言及するかな?とちょっと期待してました(ハハハ)

奥深いですよ~、でもタイ料理人さん達は、立ち仕事しながら、何気なく彫って行くんですよね~。。スゴい!

ノイナーはまだまだですが、修業はがんばってます。

タイ料理&カービイング達人の道を目指してるのです、一応>歳は考えないのが、コツよv-91

Re: はじめまして
Lakuさん>はじめまして。コメントありがとうございます。
ムーハウはものによりけりなところがあるのが玉に傷ですが、あのなんとも言えない雰囲気とママさんたちの愛想のよさが気にいっております。
来年はおかしも売るんだと、もう出る気まんまんのママさんはタイ人気質100%(笑
これからもよろしくお願いします。

Re: カービング
ノイナーさん>サワッディクラップ!
え!!ノイナーさんカービングもやっていたんですか!!!
さすが、懐が広いですな。感心でございます。
ぜひ、今度その作品をメールででも送って拝見させてくださいませ。

「ゲ サッラク」ってプレー ワー アライ ナ?

カービングの//
タイ語ですよv-7
กะสลักだす。

กะだけでも通じるようですょ!
Re: カービングの//
ノイナーさん>おお、パーサータイですね。勉強になりますた!コップンカップ。
あの誕生日用スイカ見ました。ママさんが嬉しそうに見せてくれた理由が分かりました。ちょうどタイフェスの2日前に行ったんですが、準備休業にも関わらずコンタイヨッヨッ。中には本場のお坊さんがいてタイ式の法事が行われていました。ランチ食べるつもりで訪れたんですが、突然のお誘いでありがたいタイ語の説教?や家庭料理を頂きました。ソンカーンの話も含め私にとってあそこはアメージングトライアングルとして治外法権の場所となりました。ちなみに食事は通常レストランでは食べられないようなメニューで辛さと旨さが口内タコメーターのレッドゾーンに入りました。
Re: タイトルなし
ダーさん>サワディクラップ。
ダーさんのブログでありがたいお説教の写真を拝見しました。
ナイスタイミングでトライアングルに進入したようですね(笑
治外法権のタイ料理とは、これまたうらやましいはなし。
やはり、呼ばれるべき人は自然と呼ばれるようになっているんですね(笑×2
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する