21時ころ仕事が終わり、タイ料理が食べたくなった。
この時間で食事をしてないタイ料理好きはフワラーン氏しかいないと踏んだプーはメール。
「行こう行こう」と二つ返事のフラワーン氏。さすがフワラーン氏、頼りになる。

さっそく二人で行きつけのお店へ直行。
このお店の紹介はまた後日別メニューでしたいと思う。
なぜかというと今日はメニューにないメニューを紹介したいからだ。

酒飲みのフワ氏とつまみ好きのプーは迷わず「ガイサームヤーング クラップ!」
単語からすれば「三種の鳥」だが、なぜか鳥の姿はないのだ。


ガイサームヤーング


画像の通りひじょーにヘルスィー。
ピーナッツから時計回りに、唐辛子、タックライ(レモングラス)、ホームデーング(小さい紫タマネギ)、キン(しょうが)、ネーム(東北ソーセージ)、そして真ん中は小エビ揚げ。
野菜は全てフレッシュ&生。
これらを全種類一気に口に放り込むのが流儀らしい。
タックライのピリ辛さ、キンの臭みを消すその匂い、ホームデーングの匂いと辛さ、唐辛子の劇的辛さが一気に味わえる。
そのお得感にフワ氏もご機嫌。
酒もすすむのだ。

通常はネームはついてないらしいがオリジナルとのこと。
なぜ、ガイ(鶏)がないのにガイなのか聞くと、「わからない。私も初めて店で頼んだとき鶏料理思った。まだ料理来てないよとお店人にいったら、もう食べてた。はずかしかったー。」とコックさん談。

ガイサームヤーング、さいこうのつまみです。
クン・プーおすすめ度☆☆☆☆☆

スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する