サワッディクラップ

今を去ること数年前 荏原町のはずれにあったポーモンコン
その起源はブリーラム県出身のモンコン夫妻のお店 それを「初代ポーモンコン」と プー勝手に命名

そんなある日 とある日本人青年コックがモンコン夫妻に直訴して弟子入りをした
その時代を「ポーモンコン+(プラス)」と呼ぶのはなにを隠そうこのプー

その後 モンコン夫妻は故郷ブリーラム県に帰ってしまう訳なのですが お店を彼は引き継ぎ 数年の間 荏原町でポーモンコンを切り盛りしていた
これが巷で有名な 「二代目ポーモンコン」時代である

二代目時代が終わり 荏原町のポーモンコンは惜しまれつつこの世を去ったのだった(サートゥー



そして2017年7月 長い長い長すぎる沈黙を破って彼が大崎辺りに帰ってきたと風の噂が
店名にバンコク食堂の6文字をプラスして ど田舎東北ブリラムから都市バンコクへ一新の構え←

新時代「ポーモンコン・レボリューション」(プー勝手に命名)のはじまりです!

と 前説が長くなりすっかり疲れました〜w







という訳で以下さらっと流しますねw

基本スペック〜仏壇あり、王様あり、ウッディ&ホワイト基調の内装にカラフルな屋台的椅子
五反田駅からはラーブホテール街を通ると近道だしwこれはデートナビ推奨店ですね!
メニューはデザート系入れて40種くらい、値段はほとんどが1000円未満です



IMGP0415.jpg



マンファラン・トード
タイ語でいうとなんじゃこりゃとなりますが なんのことはないカリッと揚がった美味しいフレンチフライです
スイートチリソース付きがタイテイスト(☆3)



IMGP0417.jpg



ムー・リン・ヤーン(リン・ムー・ヤーン)
豚タン焼き、柔らかジューシーで香ばしいむっちゃ美味しいタン、ナムジムジェオは酸味やや強めカオクワ感弱め(☆3.8)



IMGP0419.jpg



ヤム・ネーム・クルック
2代目時代の揚げご飯カリカリ感がなくなりました(*いろんなタイプがあるのでカリカリが正解という料理ではないです)、ネームは酸味弱め、たっぷりフレッシュホーラパーとサラネーとパクチーが嬉しい(☆4)



IMGP0421.jpg



ソムタム・タイ
しゃきりした青パパイヤのサラダ、辛さはデフォでは弱く酸味の効いたさっぱりとした味付け(☆3.5)



IMGP0422.jpg



ヤム・ウンセン
言わずと知れた春雨サラダ(☆3)



IMGP0424.jpg



ガイ・ヤーン
柔らかジューシーな鶏肉、味も適度に染みています、ジェオタレは豚タンの時と同じく酸味強めでカオクア感が弱め(☆3.8)



IMGP0426.jpg



巷で流行のバケツドリンク
お目当ての彼氏彼女ときてキャッキャウフフ〜とかとかとか...プーが見かけたらソンクラン水掛祭り開催にしてやりますわw



IMGP0429.jpg



トムヤム・クン
ソフトシェル海老にふくろたけ、香りの良いマイルドでコクのあるトムヤムスープ
これは激辛で頼んだ方が本来の美味しさを味わえるはずです(☆4)



IMGP0431.jpg



どなただか知りませんが頼んでみましょうw
根性根性ドこん()



IMGP0443.jpg



プラムーク・ヌン・マナーオ
イカは柔らかで美味しいね、タレはすっぱ辛いけど甘みが強い感(☆3.3)



IMGP0433.jpg



カオ・パット・クン
ジャスミンライスのチャーハンはパラリとしてアロイ、さすがのチャーハンです(☆4.3)



IMGP0436.jpg



パッ・タイ
味は薄めなのでタイの作法にのっとり調味料で味付けすると自分好みに美味しくなります(☆3.8)



IMGP0438.jpg



カオ・パット・ゲーン・キアウワーン
グリーンカレー炒飯、バイホーラパーが入り香りが良いです、ピリッとからくて美味しい(☆4)



IMGP0441.jpg



レボリューション時代オープンしたばかりで 長い長いブランクもあったので全体的に味のキレが鈍ってる気がしました
でもまあ しばらくすれば二代目時代のキレも戻ってくると思ってます!



クンプーデートナビ推奨店


バンコク食堂 ポーモンコン
東京都品川区大崎5-7-14 五反田ロイヤルハイツ105-2
03-6417-9778



バンコク食堂 ポーモンコンタイ料理 / 大崎広小路駅五反田駅大崎駅

夜総合点-

スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する