サワディクラップ トゥックタン

さて前回のつづきです。
前回触れたが、ここはタイ南部料理が売り。
南部料理といえば、さらに辛いが定説。とうとうその本領発揮である。

まずは、ヤム・タックライ(レモングラスの辛いサラダ)である。
タックライの輪切りにホームデーング(赤いたまねぎ)、ピーナッツ、エビ、そしてエイひれが入っている。
なにしろ辛い。もちろんタレには甘みもあるのだがそんなことは関係なく辛いのだ。
エイひれの甘さが少しは辛み中和に役立つのかといえば、役には立たない。
しかし、タックライのヤムは美味いね。ここのいいっすよ。
余談であるがタックライには食べられる柔らかい部分とトムヤムなどのダシに使う固い部分があるのだ。以前固い部分を食べようとして歯茎に突き刺さったことがある。お気を付けあそばせ、おほほほほである。



2009/2/21-1



そして、本名馬はこいつだ。
メニューの時点でプリック(唐辛子)マーク5本!
弱気なおれたちは、プリック3本にしてねお兄さんと注文。
料理の名前は「クワクリング・ムー」南部風豚激辛カレー炒め。



2009/2/21-2



見た目には辛くなさそう。
付け合わせはキャベツにきゅうりにつけもの。
さて、一口ぱくりん。。。。。カッレーーーーーー!!
しかし、美味い。カッレーーーーー!!美味い。カレーーーー(涙目)の永遠的繰り返し。
メビウスの輪的料理である。
バイマックルー(こぶみかんの葉)も千切りではいっていてナーイス!
しかし、この辛さはタイ本土以来の衝撃である。
ウエイターの兄さんが「辛いですか?」と聞きにきた。
「ちょー辛いんですけど」とおれ。
兄さん「タイ人も普通はごはんないと食べれないよ」
おれ「え。。。先に言ってよ!!じゃごはんごはん!!!レオレオな(早くね)!」
ほんと、早く言ってくださいである。
3本でこの辛さ。はたして5本ではどんなケツ末になるんだろう。
辛いもの好きな輩はタイカントリーへゴーである。

さっき辛かったヤム・タックライが甘く感じてホッとするほどだと表現すればそのとてつもない辛さが伝わるだろうか。

その数十分後一緒に食ったクンKZは残念ながら爆発したご冥福をお祈りする。



タイカントリー
新宿区百人町2-2-1REMAX新大久保3階
3200-7997


アロイ度(味)☆☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆☆☆
タイ度(店内のタイの雰囲気)☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆☆

スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する