マガンダンハポン

今日はタイから南支那海(south china sea)を越えた国、フィリピンへ行きましょうとクンKZからお誘いを頂いた。赤道に近い国という点では同じ。もちろんクラップである。
向かった先はディープな街、川崎。
今日はクンKZのフィリピン人の友人マガンダさんも同行。

レストランは怪しげなビルの2階。鉄扉(てっぴ)を開けるとまた扉。。。このパターンはジュティポーン川崎店と同じだ!おれの頭の中ではDEEP PURPLEのSmoke on the water が鳴り響いていた。
入り口からして、マジ敷居高い。

メニューはすべてタガログ語(フィリピン語)表記。日本語は一切ない。ネイティブしか相手にしていないことが伺える。
プーはよくわかんなーいから、全てクンKZとマガンダさんに任せることにした。

まずきたのはシニガン・ナ・バカ(けっして死ねバカ!というような汚い言葉ではない)。
これは、非常に酸っぱみの強いさらっとしたスープ。バカ(牛肉)がごろっと入ってる。あとは、ナスや葉っぱ。
マガンダさんがこれはナムプラーを入れると美味しいとおっしゃるので入れてみたところ、うん合うねであった。
フィリピンでもナムプラーは必需品らしい。
マサラップ(美味い)です。



2009/1/13-1



つぎ。メチャドという料理。
これも、牛肉メインで人参、ポテト、ピーマンが入っている。
お味はビーフシチューに近いかな。日本人でも違和感なく頂けます。



2009/1/13-2



これ、写真はメチャドに似てんだけど違う料理。
カルデレータっていう料理。なにがメチャドと違うかって、レバーなんだよね。
味つけはほぼ一緒に感じたな。メチャドと同じく日本人にも違和感なし。
本場はもっと唐辛子入れて辛いらしい。(マガンダさん談)



2009/1/13-3



はいつぎ。今回紹介メニュー多いから、パッパといこうね。
アドボ・ミックスなる料理。もともとスペイン料理らしい。それに日本人がフィリピンに入ってから、醤油がたされたらしい。(クンKZ談)
醤油ベースの味付けの鶏肉と豚肉の煮付け。
ご飯によく合う。屋台料理ぽいね。



2009/1/13-4



つぎー。よく食うなしかし。
クリスピー・マノック(からあげ)。
パリパリの普通の美味い唐揚げをバナナケチャップなるソースをつけて頂く。
バナナケチャップはバナナから出来てるらしい(クンKZ談)
ふつうに美味いよ。



2009/1/13-5



最後にデザート。名前忘れちゃった。。
紅芋にココナツミルクを混ぜて練ったようなお菓子。
甘くてなかなか美味い。
我らがタイのカノム(お菓子)に通ずるものがある。



2009/1/13-6



今回は、駆け足でフィリピンを回った感じだ。
お店は、冒頭にも述べたが、むっちゃっくちゃ敷居が高い。
中はスナック風のソファーに小ステージ付きカラオケあり。
客層はフィリピン人と日本人、またはフィリピン人同士。
日本人一人でさらっとフィリピン料理とキメられるのはかなりのベテランだろう。
思い当たる人物といえば、おそらくプーの実兄ぐらいしかいないと思う。

クンKZのワールドワイドな食の知識と友人関係には脱帽せざる得ない。
さすがです。

あ、お得情報。日曜日は1,000円食べ放題ランチやってるらしいです。チャレンジャーは川崎へゴー!


マサラップ度(味)☆☆☆☆
サバーイ度(心の快適)☆☆☆☆☆
イム度(店員の微笑み)☆☆☆
フィリピン度(店内のPの雰囲気)☆☆☆☆
クンプーおすすめ度 ☆☆☆☆


PAMILYA(パミリヤ)
川崎市川崎区東田町4-10 栗原ビル2F
TEL 044-245-5122

スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
神田 日本 料理
アメリカの日本料理屋はほとんどの韓国人が経営しているって本当ですか?アメリカの日本料理屋はほとんどの韓国人が経営しているって本当ですか?アメリカに二年間、留学していた友人から聞いた話なのですが、アメリカの日本料理屋はほとんど、ないし多くの韓国人が経営し...
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する