サワッディクラップ

南部料理を得意とするタイ料理屋はあまりみかけない。
いわゆる、ほら、レアキャラ的存在です。
そんなレアキャラのひとつがここ「コピーピー」です。


お通しのフライドチキン。
はっきり申し上げると食べたくないし、どうでもいいキャラ。







ゲーンソム
南部スタイルでお願いしましたが、南部的カミン風味や辛さが弱々で南部の真髄はみられなかった。
南部的視点から見ると前回食べたときより今ふたつ的な印象。ゲーンソムとしては美味しいんだけどね。。(☆3.7)



P1020426.jpg




クワキンムー
バイマックルーやカーの香りがよい、生プリックがガツリっと入ってました。(☆4)



P1020430.jpg





プラーチューチー
揚げプラーニンのレッドカレーソース掛け。
ワイルド・ワイルダー・ワイルデストに切られている。(☆3.5)



P1020435.jpg



カオヤム
南部的まぜごはん。ナムブードゥー、タクライ、バイマックルート、ホームデーン、プラーケム(魚が入っていたので多分ね)、もやし、きゅうり、干しエビ、ココナッツファインなどで構成。
ぐりぐりに混ざってサーブされてしまうので自分好みの配合の味に出来ないのが難点。さらに言わせてもらうと、出てきたときの綺麗に盛りつけられた「美味しそう!」という感動が全くない。
甘みはむかーし食べたより弱くなったかな、プリックは0(ゼロ)、見た目の悪いまぜまぜサーブは残念だな~と思う一品。(☆4)



P1020438.jpg



ソムタムトート
青パパイヤを揚げた料理。
ナムジムには、イカとえびも入っていて、甘さ・しょっぱさ・酸味・辛さのバランスがいい。(☆5)



P1020442.jpg



トートマングン
プリっとしていて美味しい海老のすり身揚げb(☆4.5)



P1020448.jpg



パットウンセン
ルークチン・エビ・イカもたっぷり、炒め方が上手い。味付けはザッツ・プー好み。(☆4.8)



P1020445.jpg




料理が余ったのでお持ち帰りを頼んだら持ち帰り箱は有料でした。プー長年の経験の中で有料箱はタイ料理屋では初めてでした〜。

(前より南部料理に関してイマイチな印象だった原因は、この日はいつもの女性のコックさんがいなかったからでした。ちゃんちゃん。)




クンプーおすすめ度☆☆☆☆



コピーピー小杉店
神奈川県川崎市中原区新丸子町915-1
044-722-7009

スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

コメント
カオヤム
カオヤムは最初の美しい盛りがポイントですよね。
わたしもここで南料理だ~カオヤムだ~と頼んでがっかりした一人です。

南料理を売りにしている割には黄色くない店だなぁというの感想でした。
もしかして私が行った時も料理人がおいしいひとじゃなかったのかしら~?
私がタイ国で学生をしていた頃、同居人が南部のハジャイ出身で南部料理を一緒に食べに行ったものでした。
今回の南タイの料理は画像からもちょっと残念に見えました。
同居していた彼いわく、バンコクでは南部料理を美味しく食べられる店は本当に少ない、と言ってましたのでこれが日本となるとまともな南部料理に出会うのはかなり難しいと思えます。
かくいう私は彼の影響もあってかタイ料理の中でも南部の料理が懐かしく感じます。
タイ南部は外国人が思い描くタイとは一風違ったもので、北部、東北部そして南部とタイを見てきた私にとっては実は南タイが料理も含め最も印象に残っている次第です。
Re: カオヤム
ぴよ姐さん
ですよね〜。盛り付けも料理。されど盛り付け。(日本語合ってますかね?w)
女性コックのダーさん(だったと思う)にばっちりこちらの本気度が伝われば黄色いの来るんですけどね〜。
Re: タイトルなし
トンチャイ様
本気の南部料理は辛さも風味も独特ですよね。辛すぎて食べれないくらいのものも過去にありました(笑)
先日長野県小諸のとあるタイ料理屋さんで本気の南部式ゲーンパーを食べる機会に恵まれました。南部出身のママさんが作ってくれるのですがとても美味しかったです。
またブログでもご紹介しますのでぜひご覧ください。
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する