FC2ブログ
Archive
サワッディクラップ

2008年9月から始めたプーブログですがとうとう11年目に突入!
よくそんなに続きましたね とリラックマからお便りも頂いております←
というわけでそんな11年目突入に相応しい記事からずずずいっと行っちゃいましょう♪




ある日 カレー細胞氏からメッセージが届いた
「リュウガサキニ タイミッシュウチタイ ハッケン シキュウ シュツドウセヨ」

ということでカレー細胞氏&さと2ちゃんとブラプー的に竜ヶ崎へ出動した

東京のへき地から電車に揺られること2時間 超かわいいローカル線まで乗り継いでやっと到着であります
こんなに電車に乗ったのはカンチャナブリー以来(カンチャナブリーは3時間半掛かったけどね555) 

駅から数分歩くとそこはなんと呼んでよいのか...まあ属性はモールの一種だろうか
ほらあれ よく地方にあるやつです

しかしその中身たるや一筋縄ではいかないお店ばかり
駐車場の周りにはタイ料理関係4軒 タイマッサージ フィリピン料理 むっちゃ小さいラーメン屋などなど個性の強いお店が乱立しておりました!







裏のゴミ捨て場にはタイ文字も表記
なんとも期待できるモール!



DSCF2806.jpg



渋い 渋いやー 渋いてすと もはや最上級に渋いプレハブ



DSCF2807.jpg



4軒あるタイ料理屋は どのお店も夜から営業のようなので雨に打たれて精神統一を計るプーご一行

そして我々が無の境地に到達する5分前にTY居酒屋がオープンした!
(後5分でおそらくあぐらのまま宙に浮いていたはず)



DSCF2797.jpg



インサイドはタイ人大好きモール装飾満載!



DSCF2811_201810011923299fa.jpg



【プー値】
長いソファーで20席くらいは余裕、仏壇あり、カラオケあり、王様なし、ママはアユタヤ出身、メニュー25種くらい(あとで詳しく書くね)



DSCF2810.jpg



金モールが乱舞乱舞乱舞でござる!
もはやスパイダーメン祭開催中かって勢い



DSCF2812.jpg



特筆すべきは どのテーブルも大きなカサブランカで埋め尽くされています!
造花でなくモノホンのリアルカサブランカなのでいと驚き
というわけで ここは「竜ヶ崎の秘密の花園」と呼んでもよきなのでは!とプーは思うわけですよ



DSCF2816.jpg



そして1ページに1品というお年寄りにも優しいアメージングメニュー本
標記はタイ語しかなくて 値段もないからここは漢を試されるところw

ご一行は値段なくてもマイペンラーイで注文しちゃう漢ぷりのよいメンツ
(結局何がいくらかは分からなかったけど普通に平気なのでご安心をw)



DSCF2809.jpg



ソムタムプーパラー
クサい物には蓋をしろ的にのせられた驚きの干しエビの量w(写真撮るのにわりと避けたけどね)
カニは沢ガニではなく日本のやや大きめのカニ パラー風味はがっつりではなくほどよく入れられてます ニンジンやインゲンやマクワプロなどもイン(☆3.8)



DSCF2820.jpg



これが干しエビの下にかくれたカニ



DSCF2823.jpg



ナムトックムー
お肉うまい、味つけは酸味がきりっと効いててハーブ感と爽快感のある味つけでグー(☆4.5)



DSCF2827_201810011923376ce.jpg



パッシーイウ
タイ直輸入の生センヤイがもっちもちでアロイマーク
味つけは濃すぎずで調味料で自分好みに調整するのによいね(☆4.8)



DSCF2830.jpg



そして「TY」とはなにかをママに尋ねたところ..
「ん~かわいいからwww」と言っておりましたw
途中でお客ほったらかして買い物に出ちゃうし ほんと楽しいママさんは秘密の花園の番人に相応しい素敵なタイ人です!



DSCF2831_201810011923402d1.jpg



竜ヶ崎シリーズはあと2回続くので 乞うご期待ですぞ!
(ところで 竜ケ崎?龍ヶ崎?どっちが正しい標記ですのん??w)


クンプーおすすめ度☆☆☆☆+0.5☆(マイペンライな人推奨)


TY居酒屋レストラン
茨城県龍ヶ崎市寺後3948−1
080−2034−5401


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

スポンサーサイト
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク