Archive
サワッディクラップ

数ヶ月前のこと、プーにミッションが下った。

とぅるるるるるとぅっとぅるー(携帯の鳴る音)
プー「ハロー」
H氏「ハロー!クンプー!突然だがサムイ島の魅力を日本のみなさんに広めて欲しい!」
プー「OKなカッポム!えいえいおーー!!」

という訳で今回から6回に渡り、タイの楽園 サムイ島のサバイな旅シリーズのはじまりなのです♪



まずはサムイ島についてプキペディアを紐解こう。

「サムイ島は、タイ南部スラータニー県のタイランド湾西部に位置し、南北約20キロ東西約18キロの外周80キロ程の小さな楽園。周回道路を車で一周しても90分程度しかかからない。
日本からは、バンコクで国内線バンコクエアウェイズに乗り換えてたったの60分ほど。」

時間的にはチェンマイやプーケットへ行く感じ。
チェンマイやプーケットと違うのは、日本人が極端に少ないこと。まだまだ日本人には馴染みのない島ということなのだろう。そのかわり欧米人観光客は多いですね。



それでは、プー式タイの渡り方を織り交ぜながら、サムイ島の魅力を伝えていきたいと思います!

バンコクで入国したらやはりスマホを使えるようにしておきたいですね。
カスタムを出るといくつかの携帯会社が並んでいます。
今回はタイ最大手であるAISのトラベラーSIM(299バーツ)を買います。SIMフリーのスマホにこのSIMを入れるだけで7日間マックススピード2.5GBの4Gデータ通信が可能です!(もちろん通話も出来ます)



DSCF3809.jpg



サムイ島行きのバンコクエアウェイズにチェックイン後は充実のバンコクエアウェイズラウンジで時間まで休憩。
タイのデザートやサンドイッチ、種類豊富なドリンクもフリーでご機嫌です。
フリーWi-Fiも完備です。
スタッフのお姉さんも綺麗です。



DSCF3812.jpg

DSCF3813.jpg

DSCF3814.jpg



飛行機まではバンコクエアウェイズのバスで移動〜。



DSCF3819.jpg



今回、行きはプロペラ機です!(ちなみに帰りはジェット機でした。)
プロペラ機ってなんだかノスタルジックでとても良い感じです。
この雰囲気が楽しめるバンコクエアウェイズはかなりオススメ!



DSCF3822.jpg

DSCF3827.jpg



サムイ エアポートに到着するとかわいいバンコクエアウェイズのバスで空港内を移動します。
このバスがオープンエアーでテンションが上がります!



DSCF3833.jpg

DSCF3839.jpg



空港からは日本で予約しておいたタイレンタカーで移動します。
空港内にカウンターがあるので便利ですね。

タイの車は暖房という機能は備えてません。あるのは冷房エアコンのみ。ひたすら冷却なのです!(クンプー豆知識)

今回のレンタカーにはカーナビのオプションは付けませんでした。
ここからはスマホのグーグルマップでナビです。このためにもバンコクでトラベラーSIMをゲットしておいた訳なのです!(クンプー転ばぬ先の杖)

グーグルナビには日本であらかじめ、宿泊するホテルや行きたい場所を登録しておいたので超楽ちんです。(←ここ重要)



DSCF3841.jpg



ちなみにレンタルしたのはこちら トヨタ ヤリス(日本名: ヴィッツ)



DSCF3922.jpg



サムイには4泊するのですが、最初の2泊はメラティビーチリゾート&スパ、後半2泊はマイサムイビーチリゾート&スパにしました。
どちらのホテルもリゾートを満喫できそうなホテルです!


前半2泊するメラティビーチリゾート&スパに到着。
こちらのホテルは、サムイ島北部ボープットエリアにある5つ星リゾートホテルです。
フロントでは美人フランス人スタッフが手続きしてくれました。
フロントからはカートに乗り部屋まで連れて行ってくれます!(もちろん美人フランス人スタッフも一緒!)



DSCF3842.jpg



部屋は広くて清潔で開放感のある素敵な空間!居るだけでテンションマックスです!
ウエルカムフルーツも新鮮でとても美味しいです!!
ナイフとフォークでお上品に頂くのが流儀です。



DSCF3848.jpg



おなかが減ったのでルームサービスでパッタイ・サムイ・スタイル
(どこらへんがサムイスタイルなのかは迷宮入りしました)



DSCF3850.jpg



アメニティがほんとに至れり尽くせりでベープマットや殺虫剤まで置いてあります。
タオル類は全てバイトゥーイという香りの良い葉っぱで飾られていたりとほんとに感動のおもてなし!(この時おもてなしは日本だけのものではないと確信したプー)



DSCF3853.jpg



シャワールームとは別に、バルコニー横に設置されたバスタブがリゾート気分を高めます。



DSCF3858.jpg

DSCF3859.jpg



朝ごはんはプライベートビーチに面したレストランへ。
カートを呼んで行こうかとも思いましたがせっかくなのでホテル内を散歩しながら行きました。ホテル内は自然がいっぱいで歩いていて飽きません。
(ちなみに下の画像が宿泊している棟です)



DSCF3868.jpg

DSCF3866.jpg

DSCF3871.jpg



プールの奥がレストランです。



DSCF3882.jpg



ビュッフェは種類も多くて大満足!
景色も最高だしもうこれはヤバイ!の一言!!



DSCF3889.jpg

DSCF3887.jpg

DSCF3892.jpg



プライベートビーチは白い砂に青い空に澄んだ海!ま・さ・に・楽園!!
これは行くっきゃない!!!(百聞は一見にしかず)



DSCF3898.jpg

DSCF3901.jpg

DSCF3904.jpg


カップルでもファミリーでも、本当にゆったりとリゾートライフを楽しめるホテルですね!

ウェディングプランのカタログも置いてあったので、プーも結婚式はこちらでしたい!と心から思っています。(→相方募集中)



part2へ続く


Melati Beach Resort & Spa
[アドレス]9/99 Moo 5, Bophut, Thongson Bay Koh Samui, Suratthani 84320, Thailand
[電話]077-913-400
[HP]http://melatiresort.com/


【取材協力】
タイ国政府観光庁、株式会社エス・ティー・ワールド 、バンコクエアウェイズ



にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

スポンサーサイト
プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)
◎クン・プーのタイ王国大好き(アメブロ)はコチラ→→→
http://ameblo.jp/mueangthai/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク
このブログをリンクに追加する