FC2ブログ
サワッディクラップ

ニッポンのタイ料理も美味しいお店がたくさんあります
でも現地と比べるとタイ料理の柱の1本であるタイハーブ使いが著しく少なく劣っていることは否めませぬ
これは日本では仕方がないことなんだけど 時にそんなニッポンタイ料理の常識をぶち破るお店が存在します
今回はそんな突き抜けたお店のお話しのはじまりはじまり〜

そういうお店って地方のタイコミュニティ地区とかに多く存在するんだけど
こちらのクアクンティムは横浜市中区という都会派立地

外観ね!タイフェチプーが作ったミニチュアハウスに見えるけど実店舗よ55







店に入ってまず目を引いたのはこちらのミニナスたち
なんともフレッシュ摘みたて感満載なビジュアル
テレビのリモコンもたまらない!



DSCF3135.jpg



そしてSNS総制覇の貼り紙たち

【プー値】
メニュー30種とその日のスペシャル数種、メニューになくても材料があれば作ってくれる率高し
仏壇あり、王様なし、コック兼ママはコンケン出身のバリバリイサーン
野菜やハーブは畑で収穫・タコやカニは浦安で捕獲・きのこなどは山で収穫という自給自足(自他足?w)っぷり
タイ人率は猛烈に高い、16席くらいの一体感のあるお店はサバーイ



DSCF3157.jpg



イサーン祭を始めるのに相応しいパーリーメニューがこちら!
ソムタム・タード



DSCF3140.jpg



イサーンなパーティー大皿メニュー
ソムタムプーパラーは辛くてセープ、パラーもほどよい、驚きは自家製塩漬けカニmade by浦安の磯カニ
大きめの海老やタコ(捕獲in浦安)、フレッシュ空心菜やあのナスたち、素麺をからめていただくとセープイリー(ちょうめえ)だ(☆5)



DSCF3139.jpg



ラープ・ムー・イサーン
噛む度に美味いジューシー粗挽き豚、ナングムー入り
味付けは好みだわ〜、パックパイやバイホーラパーもたっぷりでホーム(良き香り)(☆5)



DSCF3136.jpg



プラーニン・ヌン・ジェオ
ティラピア蒸し、魚はおなかにハーブががっつり摘められている(サンクスギビングにもってこいだよイェ〜イ
たんぱくな白身魚をひと手間かけた自家製ジェオたれでいただく(☆5)



DSCF3141.jpg



ママ特製の自家製ジェオは複雑な味のハーモーニー 辛くてセープラーイドゥ(うんめえっす!!)
まさにイサーンのおふくろの味



DSCF3143.jpg



ゲーン・ヘッド
キノコやヘビ瓜の田舎汁、フレッシュバイメンラックやタクライがたっぷりで香りが爽やか
これぞガチイサーン汁、スープの味付けなんたる美味さ(☆5)



DSCF3144.jpg



ヤム・カイモッデーン
たっぷりの赤アリの卵、孵化しているのもちらほらw、卵の味はクセがなく淡泊系
カオクワのこおばしさとサラネーの爽やかさ、味付けも良いしイサーンのおふくろを思い出し涙腺崩壊(☆5)



DSCF3147.jpg



パット・カイ・ブワッブングー
ヘビ瓜の卵炒め、いままでのストレートな辛い料理の締めにほどよい甘さのある味付け
おふぐろーーーー!!!(☆5)



DSCF3150.jpg



ママさんがヘビ瓜の蕾を持ってきてくれた
ジェオたれと一緒にいただく
初めてのけ・い・け・ん
ああ いま私たち僕たちはお花と一体になってるんだわ〜という気持ちになれる



DSCF3153.jpg



ナムプリック・パラーサップ
豚肉入りのパラーサップ、パラーサップとはイサーンの魂と言われる発酵魚調味料パラーラーを細かく砕いたものに各種スパイスやハーブなどをクロックしたもの
辛くて新鮮生野菜に合うでしかない!(☆5)



DSCF3156.jpg



曙町のイサーンのおふくろは天才だと思った!!
&このままタイ野菜のCMに出演できるレベルのナイス微笑みの国!!!



DSCF3149.jpg



フレッシュタイ野菜とタイハーブの豊富さが印象的でまるでイサーン現地疑似体験の出来るお店
ママのティムさんやご主人もとても愛想のよい方達、お客のタイ人も楽しくてフレンドリーだし
こりゃ最高おぶ最高としか言いようがありませんな

多分1週間分の野菜食べたわ555



クンプーおすすめ度☆☆☆☆☆


クアクンティム
神奈川県横浜市中区曙町2-29
045-263-0095

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ タイ・ブログランキング にほんブログ村 タイ料理ブログへ
↑↑マイブログ生命維持装置↑↑
 全部押してくれるとうれしいですm(_ _)m できれば行って来いで応援お願いします。

 
  プーがタイごはん担当委員の【タイ王国広報委員会Facebookページ↓】に「いいね!」で応援お願いします!
 

スポンサーサイト



プーのタイ料理マップ
検索フォーム
プロフィール

クン プー

Author:クン プー
サワッディ―ハ~!
タイ王国フェチ☆クン・プーのタイ料理ブログへようこそ!
ある日突然タイ王国とタイ料理がないと生きていけない体になりました。
そんなタイ依存症のクン・プーの日々をお伝えします。
ブログの最終目的は国内における「タイ王国のさらなる知名度・好感度アップ」&「タイ料理の魅力の啓発」!!
リンク、トラックバック、お気軽にゆる~くどうぞ!
sawasdee2010-public☆yahoo.co.jp
(↑ ☆を@に変えてください。)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
フリーエリア

JapaneseCurryAwards

タイランドハイパーリンクス




リンク